SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

スタートトゥデイ、社名を「ZOZO」に変更へ

 ファッションショッピングサイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイは、2018年6月26日の第20回定時株主総会にて、社名変更についての総会議案を付議する。株主総会での同議案の承認をもって、同社は「株式会社ZOZO」に社名を変更する予定だ。

 「ZOZO」というワードは、新しい価値を生み出す、想像(Imagination)と創造(Creation)の行き交いを表現している。

 同社は、採寸用ボディースーツ「ZOZOSUIT」による体型計測データを活用したプライベートブランド「ZOZO」のサービスを開始し、第2の創業期とも言える転換期を迎えている。同サービスがファッションの共通課題である「サイズの問題」を世界レベルで解消しうるという確信の下、今後同社は、「世界中をカッコよく、世界中に笑顔を。」という企業理念の実現に向け、グローバル展開を進めていく。

 これに併せて、子会社であるスタートトゥデイテクノロジーズは「株式会社ZOZOテクノロジーズ」へ社名を変更する予定である。

【関連記事】
ZOZOTOWNのスタートトゥデイ、IQONなどを手がけるVASILY社を完全子会社化
ZOZOTOWN、出荷件数の72%以上を即日配送可能に~即日配送サービス対象エリアを拡大
四国エリアはファッションECを活用/財布の紐は21時からゆるくなる【ZOZOTOWN調査】
スタートトゥデイ、ニュージーランドのソフトセンサー開発企業へ出資〜ファッション事業分野の技術革新へ
スタートトゥデイ、フリマアプリ「ZOZOフリマ」リリース~既存サービスと連携した出品が可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング