SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

動画を見るSNS、女子中学生はLINEで女子高校生はTwitter【GMOメディア調査】

 GMOインターネットグループのGMOメディアが運営する10代女子に関する研究機関「プリキャンティーンズラボ」は、「女子中高生と動画サービスに関する調査」を実施。結果を発表した。

有料オンライン動画サービスは「利用しない」が70%以上

 「利用したことのある無料オンライン動画サービス」を聞いたところ、「YouTube」が96.7%にあがった。その他、「AbemaTV(32.8%)」「ニコニコ動画(無料会員)(29.3%)」も約3割のユーザーが利用したことがあると回答した。

利用したことのある無料オンライン動画サービス[N=540 複数回答]
利用したことのある無料オンライン動画サービス[N=540 複数回答]

 一方、「利用したことのある有料オンライン動画サービス」については、「利用しない(71.1%)」が7割超となり、女子中高生はあまり有料のオンライン動画サービスは利用しないことがわかった。しかしながら、「Hulu(11.7%)」と「Amazonプライム・ビデオ(10.0%)」については、1割以上のユーザーに利用経験があった。

利用したことのある有料オンライン動画サービス[N=540 複数回答]
利用したことのある有料オンライン動画サービス[N=540 複数回答]

動画視聴するSNS 中学生は「LINEのタイムライン」、高校生は「Twitter」

 SNSでの動画利用(視聴・投稿)について調査を行い、中学生/高校生の属性別に比較した。「動画を視聴したことのあるSNS」については、中学生は「LINEのタイムライン(75.1%)」が最多となり、「Twitter(50.5%)」、「Tik Tok(46.8%)」と続いた。一方、高校生は、「Twitter(63.8%)」が最多となり、次いで「LINEのタイムライン(54.2%)」「Instagram(52.8%)」も過半数にあがっている。

動画を視聴したことのあるSNS[N=中学生:325、高校生:271 複数回答]
動画を視聴したことのあるSNS[N=中学生:325、高校生:271 複数回答]

 「動画を投稿したことのあるSNS」を尋ねたところ、中高生ともに約4割が「動画を投稿したことはない」と答えたものの、中学生では約半数が「LINEのタイムライン(46.2%)」に投稿した経験があるほか、次いで「Mix Channel(24.0%)」「Twitter(23.7%)」「Instagram(23.1%)」もそれぞれ2割超のユーザーが投稿した経験があることがわかった。高校生は「Twitter(38.0%)」「Instagram(36.5%)」「LINEのタイムライン(31.0%)」の順となり、それぞれ3割超のユーザーに投稿経験があった。さらに、「SNSに動画を投稿したことがある」と答えたユーザーに、「最も頻繁に動画を投稿するSNS」を尋ねたところ、中学生は「LINEのタイムライン(35.6%)」が最多、高校生は「Instagram(41.7%)」が最多となった。

動画を投稿したことのあるSNS[N=中学生:325、高校生:271 複数回答]
動画を投稿したことのあるSNS[N=中学生:325、高校生:271 複数回答]

 「最も頻繁に動画を投稿するSNS」について、そのSNSを使う理由を聞いたところ、女子中高生ともに「投稿しやすいから(55.9%)」「友だちが使っているから(33.5%)」「視聴者数が多いから(25.3%)」という回答が上位にあがった。また、投稿する動画の種類は「日常生活(31.6%)」が最多となり、「ダンス動画(19.7%)」が続いた。

「最も頻繁に投稿する」と答えたSNSを使う理由[N=376 複数回答]
「最も頻繁に投稿する」と答えたSNSを使う理由[N=376 複数回答]

【調査概要】
調査テーマ:女子中高生と動画サービスに関する調査
調査対象:スマートフォンを利用する女子中高生
調査期間:2018年5月1日~2018年5月8日
調査方法:インターネットリサーチ
有効回答数:596名
調査主体:プリキャンティーンズラボ
※本調査レポートの百分率表示は四捨五入で端数処理を行っており、合計しても100%とならない場合がある。

【関連記事】
TwitterとInstagram、利用目的の違いは?/約7割がインスタ映え意識【フリュー調査】
女子高生、LINEをどう使ってる?LINEがWeb動画「JKのLINEあるある」を公開
「捨てたいときもあるけど救われる」女子高生とスマホの関係 /若者のスマホ利用実態【ビッグローブ調査】
JKの流行り言葉、どれだけ知ってる? LINE、調査をもとに作成したWeb動画公開
マイナビティーンズラボ、ビデオリサーチと共同で「JK×Instagram利用クラスター」を開発

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング