SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「KARTE」と「Adjust」が連携開始 流入経路ごとに広告配信の形態をパーソナライズ

 プレイドは、同社が提供する顧客体験プラットフォーム「KARTE」のアプリ向けサービス「KARTE for App」において、Adjust提供のアプリ計測プラットフォーム「Adjust」との連携を開始した。

 「KARTE」は、Webサイトやアプリを利用するユーザーの行動をリアルタイムに解析して可視化し、それぞれに適した自由なコミュニケーションをワンストップで実現するサービス。既存サービスとの連携も可能で、マーケティングの課題やニーズに合わせた活用ができる。

 一方「Adjust」は、モバイルアプリにおけるユーザーの行動分析や広告の効果測定、不正インストールの防止機能を有する総合的なモバイルアプリ計測プラットフォーム。モバイル広告におけるアドフラウドに対して、レポーティングだけではなくリアルタイムで不正なインストールを除外する機能も備えている。

 今回の連携により、両サービスのSDK(ソフトウェア開発キット)を用いたリアルタイムデータ連携が可能になった。ユーザーの広告接触データをリアルタイムで「KARTE for App」に反映することで、流入経路(広告チャネルやキャンペーン)ごとに広告配信の形態をパーソナライズすることができる。アプリ取得済みのユーザーには、再来訪のきっかけとなった広告キャンペーンごとにアプリ内通知を行うといったアプローチも可能だ。

 同サービスは、アプリだけでなく自社のWebサイトとも横断してユーザーを捉えることができるため、Webでの広告接触からアプリのインストール・起動・継続利用、Webサイトとの併用までを一気通貫で分析し、ユーザーごとの顧客体験を軸としたアプリのプロモーションを実現する。

【関連記事】
「KARTE」が「STAFF START」と連携 販売員を軸に店舗とECのオムニチャネル化を推進
プレイドが総額約27億円の資金調達を実施 「KARTE」におけるアプリ領域への事業拡大などが目的
プレイドのKARTE、ウェブ接客プラットフォームからCXプラットフォームへ進化
「Yappli」と「KARTE」が連携 Webとアプリを横断したユーザー行動データの解析が可能に!
Webとアプリを横断してCXを最適化 プレイド、アプリ向けに「KARTE for App」をリリース

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング