SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

テレビCMの出稿情報を一覧化し効果測定 エム・データ、インテージと「全国CMマスタ」を開発

 エム・データは、インテージと協働で「全国CMマスタ」を開発し、2018年10月より提供することを発表した。

 全国CMマスタは、エム・データが保有する「テレビCMメタデータ」と、インテージが保有する「全国テレビCM放映時点リスト」を連携させることにより、全国のテレビCMの出稿情報を一覧化。47都道府県の全地上波テレビ(民放系列114局、独立局13局)を対象に、どの局で、いつ、どのようなテレビCMが放送されたかをデータベース化する。

 全国CMマスタは、インテージのスマートテレビ視聴ログ(Media Gauge TV)や、SRI(全国小売店パネル調査)、SCI(全国消費者パネル調査)のベースとなる商品マスタ(商品情報データベース)との連携も可能で、商品の販売、購買実績とテレビCMの放送実績を紐づけて、テレビCMキャンペーンの効果測定にも活用することができる。

全国CMマスタのデータ連携・活用イメージ
全国CMマスタのデータ連携・活用イメージ

【関連記事】
エム・データとマイクロソフトがAIの共同実証実験を開始 理想的なアウトプットとコストバランスを目指す
Datoramaがエム・データの「TVメタデータ」連携 TV・デジタル広告と売上等を一元的に可視化
人工知能と人間は感情を共有できるか、「女子高生AIりんな」にTVの放送実績データを取り込み研究へ
「CM飛ばし」の実態は?インテージ、スマートTVログを用いて視聴態度を調査
インテージテクノスフィア、SNSデータ活用の支援事業立ち上げに向け、NetBase Japanと連携

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/07/11 13:00 https://markezine.jp/article/detail/28842

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング