SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

サービス認知を目的とした「マス×デジタル」の動画広告施策とは?【MarkeZine Day情報】

 2018年9月20日から21日に開催される「MarkeZine Day 2018 Autumn」。20日17:45 ~ 19:00のライトニングトーク(公募)セッションでは、各界のキーパーソンが登壇し、10分間ずつスピーチを行う。

 同セッションのトップバッターを務めるのは、ウエディングパークの助川健太郎氏。「非日常メディアの認知・獲得施策」と題し、サービス認知と利用を促進するための「マス×デジタル」の動画広告施策を紹介する。助川氏は、来場者に向けて次のように語っている。

 「マーケティング活動において『動画』を活用したコミュニケーションが当たり前になりつつありますが、どういう目的でどう活用したらどんな効果が出るのかわからず、二の足を踏まれている企業様もいらっしゃるのではないでしょうか? 本講演では、サービス認知を目的としたプロモーション施策で縦型動画×インフルエンサー×マス広告×デジタル広告を通して得られた効果の事例も交え、今後考えていくべき全体設計の仕方についてお話しいたします

■開催概要

イベント名称:MarkeZine Day 2018 Autumn
登壇セッション:非日常メディアの認知・獲得施策
日時:2018年9月20日(木)17:45 ~ 19:00
会場:ソラシティカンファレンスセンター(御茶ノ水)
スピーカー:株式会社ウエディングパーク 助川健太郎氏
参加:無料

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/08/22 08:00 https://markezine.jp/article/detail/29071

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング