SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

島根県松江市と日本ユニシス、地域データとIoTを活用した観光マーケティングの実証実験を開始

 島根県松江市と日本ユニシスは、AIで統合された地域データとIoT技術を活用した観光マーケティングの実証実験を8月29日から開始する。

 松江市は、これまで松江市に関する統計データや統計関連図書の情報をオープンデータ化するなど、データ活用による地域活性化に向けた取り組みを推進してきた。一方、日本ユニシス総合技術研究所では、「幸福度ランキング」や美術館の来館者分析など、地域の⾒える化に取り組んでいる。

 今回の実証実験では、松江市が持つ観光資源や情報発信力と、日本ユニシスの技術を組み合わせ、データを活用した観光マーケティング方法の確立を目指す。

 具体的には、松江市の様々な機関からWeb上で発信されている地域データと、日本ユニシスの「人流解析サービス JINRYU」によって採取された松江歴史館内の⾏動および属性データを、地域データ収集基盤へ統合。AIで活用できるデータに変換した後、データを分析し、施策の立案に活用する。

 今後松江市と日本ユニシスは、同実証実験を通じて得られた知見を基に、地域データの収集・活用と施策の効果測定を円滑に実行できる仕組みを作り、データに基づく観光マーケティングの継続的な実施を目指していく。

【関連記事】
昭文社、「ことりっぷ」を活かした海外旅行向けの予約サービスサイト「TAYLOR」をオープン
ぐるなび、台湾で訪都旅行促進キャンペーンを開催~オンライン・オフラインで東京の魅力を発信
横須賀市と市内外のマクドナルドが連携 「Pokemon GO」ユーザー向けのマップを配架
東急電鉄とHuber.が資本業務提携~インバウンド事業の強化へ
渋谷区観光協会やNTT東日本ら4者、渋谷駅前で公衆無線LANサービス開始〜広告収益などで運営

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/08/24 12:15 https://markezine.jp/article/detail/29125

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング