SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

エムズコミュニケイト、慶應義塾大学の星野崇宏教授と「ポイントサービス」における共同研究を開始

 エムズコミュニケイトは、慶應義塾大学経済学部の星野崇宏教授と「ポイントサービス効果最大化研究会」を発足し、共同研究を開始した。

 同社が実施した「全国ポイントサービス実施企業実態調査」によると、現在、8割弱の企業がポイントサービスの実施効果を見出している一方、その理由は分析やROI算出に基づく結果ではなく、肌感覚であるという。

 同研究会では、このように多くの企業が導入しながら、その効果の見える化、検証方法に課題を持つポイントサービスにおいて、値引きや割引とは異なる効果、投資対効果について実証的・学術的に見える化することで、その効果を最大化する手法を探っていく。

【関連記事】
LINE、法人向けポイントサービス「LINEポイントコネクト」の提供を開始
Tポイント・ジャパン、訪日台湾人向けTポイントサービスの提供を開始
ロイヤリティマーケティングとグリーンスタンプが業務提携、「Ponta」活用したCRM支援目指す
CCC、台湾の1,400万人が利用するポイントサービス「HAPPY GO」と「Tポイント」を連携へ
ロイヤリティ マーケティング、韓国の共通ポイント提供するSK planet Japanと提携

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/08/28 08:30 https://markezine.jp/article/detail/29132

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング