MarkeZine(マーケジン)

記事種別

エムズコミュニケイト、慶應義塾大学の星野崇宏教授と「ポイントサービス」における共同研究を開始

2018/08/28 08:30

 エムズコミュニケイトは、慶應義塾大学経済学部の星野崇宏教授と「ポイントサービス効果最大化研究会」を発足し、共同研究を開始した。

 同社が実施した「全国ポイントサービス実施企業実態調査」によると、現在、8割弱の企業がポイントサービスの実施効果を見出している一方、その理由は分析やROI算出に基づく結果ではなく、肌感覚であるという。

 同研究会では、このように多くの企業が導入しながら、その効果の見える化、検証方法に課題を持つポイントサービスにおいて、値引きや割引とは異なる効果、投資対効果について実証的・学術的に見える化することで、その効果を最大化する手法を探っていく。

【関連記事】
LINE、法人向けポイントサービス「LINEポイントコネクト」の提供を開始
Tポイント・ジャパン、訪日台湾人向けTポイントサービスの提供を開始
ロイヤリティマーケティングとグリーンスタンプが業務提携、「Ponta」活用したCRM支援目指す
CCC、台湾の1,400万人が利用するポイントサービス「HAPPY GO」と「Tポイント」を連携へ
ロイヤリティ マーケティング、韓国の共通ポイント提供するSK planet Japanと提携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5