MarkeZine(マーケジン)

記事種別

インテグレートとカンター・ジャパンが業務提携し、IMCマーケティングサービスを提供開始

2018/09/13 15:00

 インテグレートとカンター・ジャパンは業務提携し、IMC(統合型)マーケティングサービス「Brand Perception Management(ブランド・パーセプション・マネジメント/以下、BPM)」の提供を10月1日より開始する。

 ブランドや商品が認知されただけでは購買につながりにくい現代。マーケティングの現場においては、いまだ「何人に認知されたか」というリーチと「何個売れたか」という購買の地点でしか、調査やコミュニケーション施策の評価が行われないことが多い。

 しかし、消費者の「行動」だけではなく、頭の中にある「パーセプション(認識)」の変化をすべての過程で捉え、それを基点にマーケティング戦略を設計することが、購買行動が多様化・複雑化した現代では必要とされている。

  インテグレートは、消費者のパーセプションを基本としたマーケティング戦略設計と実施を強みとしている。一方カンター・ジャパンは、消費者や市場のインサイト、施策手段やその質を継続的に捉える評価手法を保有している。

 両社は連携により、消費者の新たなパーセプションを形成し、市場を創造するためのストーリー作りと戦略の実施、さらに継続的な効果検証までを一気通貫で提供していく。

 BPMでは、3つのフェーズを循環させることにより、継続的なパーセプションの構造理解と、それを基にした最適な施策展開というPDCAサイクルを実現する。

 具体的には、(1)アセスメントフェーズとして、消費者の現状のパーセプションを可視化。両社の知見による調査を通し、買っている人が至っている認識のプロセスと、買っていない人の脱落ポイント(ボトルネック)となっている要素を各段階で洗い出し、その差分から黄金文脈や、コミュニケーションにおける大きな変化を実現するポイント(レバレッジポイント)を発見する。

 そして(2)実行フェーズとして、「どのタッチポイントで」「誰が」「どう伝える」とパーセプションが転換し、行動をしてもらえるのかを、消費者だけでなく、関連する有識者・メディア・流通などのインサイトも踏まえ、最適なコミュニケーション戦略を設計する。特定のメディアやメソッドに捉われることなく、各施策特性に応じて発信内容や発信時期をコントロールしながら、最も効果的な意識変容・行動変容を図る情報発信を行っていく。

 最後に(3)モニタリングフェーズとして、ブランドや商品の市場規模や施策の成熟度に合わせて、ダッシュボードに目標指標の構成やアラート機能をパッケージにして可視化。市場トレンドの変化も踏まえて、次の施策に向けてのマーケティング課題を明らかにしていく。

BPMの流れ
BPMの流れ

【関連記事】
インテグレート、中国のSNS解析企業と業務提携~訪日中国人客向け統合型マーケティングサービスを開始
デジタルでのブランドとの関わりに対する不信感が明らかに【カンター・ジャパン調査】
ブランド価値世界一はGoogle~ランキング上位をテクノロジー系企業が独占【WPP調査】
InstagramとSnapchatは、ブランドにとって新たなチャンスとなるか【カンター・ジャパン】
日本はPC利用が中心の国であることが判明/各国で変わるメディア消費【カンタ―・ジャパン調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5