SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「b→dash」が「eGift System」と連携 ユーザーの行動に合わせたeギフト配信が可能に

 フロムスクラッチとギフティは9月14日、マーケティングプラットフォーム「b→dash(ビーダッシュ)」と法人向けeギフト販売システム「eGift System」を連携。新たなパーソナライズソリューションの提供を開始した。

 「eGift System」は、店頭で引き換え可能なギフトチケットの生成および自社サイト上での販売を可能にするシステム。同システムで生成したギフトチケットは、LINEやFacebook、メールで送ることができる。

 今回の連携によって、「b→dash」内のサイト訪問履歴や購買データ、顧客データを活用し、特定のセグメントに対して「eGift System」からデジタルチケットを配信できるようになった。

 また、同プラットフォームのシナリオ作成機能を用いて、来店日前日にeギフト付きのメールを自動配信するよう予め設定することも可能だ。ユーザー一人ひとりの行動に合わせたタイミングでeギフトを配信することで、来店直前のキャンセルを減少させるなどの効果が期待できる。

 他にも、同プラットフォームのフォーム機能でアンケートをとる際、回答者にeギフトを配信することで回答率を改善。アンケートの結果やチケットの利用状況などのデータから、ユーザー行動の分析が行える。

【関連記事】
パーソナライズしたDMを発送可能に 「b→dash」が「Print of Things」と連携
フロムスクラッチ、ビッグデータの処理を安定させる基幹技術を開発し「b→dash」を強化
DACの「AudienceOne」、「b→dash」とデータ連携 クロスデバイスのユーザー分析可能に
読売巨人軍が「b→dash」導入 データ活用を強化
「b→dash」が大型アップデート AIでデータ活用にかかる工数を大幅削減

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/09/14 16:45 https://markezine.jp/article/detail/29268

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング