SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ソネット・メディア・ネットワークス、「VALIS-Cockpit」の分析・可視化機能を拡充

 ソネット・メディア・ネットワークスは、マーケティングAIプラットフォーム「VALIS-Cockpit(ヴァリス‐コックピット)」の機能拡充を行った。

 「VALIS-Cockpit」は、膨大なユーザー行動データを分析・可視化することで、デジタルマーケティングの一元化・自動化を実現するプラットフォーム。ソネット・メディア・ネットワークスが自社開発したAI「VALIS-Engine」によって自動的に抽出されたユーザーインサイトデータをベースに、同社のマーケティングコンサルタントが施策の提案・実行のサポートを行う。

「ペルソナ分析」イメージ
「ペルソナ分析」イメージ
「ステージフロー」イメージ
「ステージフロー」イメージ

 今回の機能拡充では、CV(コンバージョン)ユーザー1人1人のCVに至るまでの意図や興味の移り変わり、態度変容を可視化。CV前後の動きを時系列で可視化する「ペルソナ分析」や、ユーザーのWeb行動履歴をもとに、購入に至るまでの消費ステージを遷移したユーザー数および割合を可視化する「ステージフロー」といった機能が利用できるようになった。

 これを活用することで企業は、ユーザーの詳細なペルソナや商品・サービスを購入するに至ったインサイトを浮き彫りにして、広告の効率化と最適化を進めることができる。

【関連記事】
ソネット・メディア・ネットワークス、「Logicad」の動画メニューを拡充 広告効果の測定も可能に
ソネット・メディア・ネットワークス、旧式ブラウザーへの広告配信を自動回避する技術を開発
ソネット・メディア・ネットワークス、顧客の可視化に貢献する「VALIS-Cockpit」の提供を開始
GDO、ソネット・メディア・ネットワークスのAIを導入 目標上回る新規獲得を実現
DSP「Logicad」とロックオンの「アドエビス」が連携 ログデータを広告配信に活用

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/10/01 17:45 https://markezine.jp/article/detail/29351

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング