SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ワタミ、予約受付業務でコラボスとイデア・レコードのマーケティングプラットフォーム実証実験を実施

 コラボスとイデア・レコードは、ワタミが運営する飲食チェーンの予約受付業務において、DMPの実証実験を実施することで合意した。2018年10月下旬からテスト運用を開始する予定だ。

 近年のインターネット環境の変化やSNSの台頭にともない、企業はWebサイト、SNS、コールセンターなど、複数のコンタクトチャネルで消費者に対応している。しかし各チャネルで収集される顧客情報は、データ形式が異なることや、データが一元管理されていないことなどから、すべての情報を総合的に分析し、売り上げやサービス品質等の向上のために活用することが困難だった。

 今回の実験は、こうした状況の改善を目的に、ワタミが展開する飲食チェーンの予約受付業務において行われる。

 具体的には、コールセンターで収集される顧客属性などの顧客情報(オフラインデータ)と、店舗予約用Webサイトで収集される利用予定日などの予約情報(オンラインデータ)を、イデア・レコードの予約管理システム「お席トットくん」に集約。コラボスが試験運用を行う「コラボスDMP(仮称)」を用いて、サードパーティーデータと共に統合・分析する。その結果を基に、潜在顧客に対するネット広告配信や既存顧客へのアンケートといった、マーケティング施策の実施と効果測定を行う。

 コラボスはこの実験を踏まえ、コールセンターで保有するデータとWeb上のデータを融合させることにより、企業のマーケティング活動における広告価値や、顧客満足度の向上に貢献するDMPの開発・提供を目指す。

【関連記事】
コラボスとジーニー、「キャリコネ転職」でコールセンターシステム連携型プラットフォームの実証実験を開始
コラボスとジーニーが提携に基本合意 コールセンターのデータとMAを掛け合わせたプラットフォームを開発
ワタミ、「WeChat Pay」「Alipay」に対応したスマホ決済サービスを導入
DACの「AudienceOne」、凸版印刷の電子チラシサービス「Shufoo!」のDMPと連携開始
オムニバス、プライベートDMP構築支援サービスを開始 セゾン情報システムズ、クレディセゾンと協業

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/10/12 16:45 https://markezine.jp/article/detail/29457

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング