SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第72号(2021年12月号)
特集『マーケターの「これから」を話そう』

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アクティブデザイン、奥行き感や色の変化を楽しめるミラー型サイネージを提供!イオンの実証実験にも採用

 アクティブデザインは、「インフィニティミラー」を採用し、カメラやセンサーなどのオプションを加えたミラー型サイネージをリリースした。

 「インフィニティミラー」とは、鏡の奥に空間が続いているように見える仕組みのことで、鏡とマジックミラーの間に、ライトなど光る物体を入れることで作り出される。これにより、同サイネージでは、奥行き感やLEDによる色の変化を楽しむことができる。

 同サイネージは、イオンフィナンシャルサービスがイオンモール幕張新都心で行っている実証実験に採用された。同実験では、カウンター窓口でのイオンカード入会受付の場面で、アクティブデザインの顔認識やAIなどを組み込んだアプリケーションをベースに、同サイネージと人型ロボットが連携して接客対応した。

同サイネージの活用フロー
同サイネージの活用フロー

 同サイネージに搭載されたアプリケーションでは、ユーザーをターゲティングし、対話と分析を通じてふさわしい情報を提示。加えて、設置されたカメラから顔認識エンジンを活用し、狙ったユーザー層に最適なタイミングで情報や広告を出し分けることができる。

 また、AIを活用することで、ユーザーが必要としている情報、もしくは興味があると予想される情報を判断し、提示することや、タッチおよびモーション操作により、ユーザーのログを収集する機能もある。

【関連記事】
impactTV、NTT東日本らと「デジタルサイネージ×ロボット」のマーケ活用を目指し共同研究を開始
ビズライト・テクノロジー、埼玉高速鉄道と連携/デジタルサイネージを活用した新規メディアの構築目指す
資生堂ジャパン、NKBと「男女別ターゲティングデジタルサイネージ」の実証実験を実施
みずほ銀行が「最強伝説 仲根」と異色コラボ Web動画とデジタルサイネージの広告を展開
米国で1,000社以上が導入するデジタルサイネージ管理システムENPLUG 顔認識システム機能を追加

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/10/29 18:56 https://markezine.jp/article/detail/29585

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング