SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

AIチャットボットでWeb接客を強化!のれん、デジタルマーケティング・ソリューションに新機能を追加

 アシストグループののれんは、同社のCMS「NOREN」を中核としたデジタルマーケティング・ソリューション「NOREN musubi(のれん むすび)」の連携ソリューションとして、アイアクトが提供する「IBM Watson」を活用したAIチャットボット「Cogmo Attend(コグモアテンド)」を新たに追加し、提供を開始した。

 「NOREN musubi」は、様々なマーケティングツールと連携し、Webのアクセスログや顧客データなどを統合し、1画面で横断的に可視化・分析を行うことができる。

 今回追加された「Cogmo Attend」は、「IBM Watson」の会話機能を提供するAPI(Watson Assistant)を利用しているため、日常的に使う自然言語を用いて対応できるだけでなく、単純な一問一答形式が多い従来のチャットボットとは異なり、直前の文脈を維持した形で絞り込みや分岐して会話を進めることができる。

Cogmo Attendの分岐型回答イメージ
Cogmo Attendの分岐型回答イメージ

 利用企業は、Web利用者とのタッチポイントが増加し、Web利用者の生の声・知りたいことが蓄積されるため、利用者が普段使用する言葉が把握できるようになる。

【関連記事】
のれんとブレインパッドが連携ソリューションを提供開始~シームレスなコンテンツ連携を実現
のれん、オージス総研とマーケティング・オートメーション分野で協業
「環境変化に合わせ意思決定の迅速化を進める」アシスト、のれん事業を子会社化
チームラボ、ファッションアプリ「メチャカリ」に“パーソナライズスタイリングAIチャットボット”を導入
日本マイクロソフト、AIチャットボット「りんな」を活用したマーケティングソリューションの提供を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/10/29 15:00 https://markezine.jp/article/detail/29589

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング