SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

SBI証券とCCCマーケティングが資本業務提携 スマホを活用した若年層向け金融サービスの提供へ

 SBI証券とCCCマーケティングは、金融事業における資本業務提携契約を締結し、合弁会社のSBIネオモバイル証券を設立した。

資本業務提携のイメージ
資本業務提携のイメージ

 昨今「貯蓄から資産形成へ」を目指した官民一体の取り組みが進む一方、家計の金融資産では、現金・預金の割合が50%を超えている。こうした背景から、両社は、個人投資家の裾野を広げ、身近な金融サービスを実現することを目的に提携した。

 SBIネオモバイル証券は、若年層をメインターゲットに、スマートフォンをメインチャネルとした金融サービスを提供する。具体的には、Tポイントプログラムを導入し、取り引きに応じてTポイントを付与するほか、Tポイントを使って金融商品を購入できる「Tポイント投資」サービスを実施する。

 同社は、CCCマーケティングが培ってきたマーケティングノウハウを活かし、投資経験が少ない顧客にも利用しやすいサービスの提供を目指す。また、Tカードの購買データを活用して、ビッグデータ解析に基づいた投資情報サービスの実施も検討していく。

 なお、SBI証券の顧客に対しても、Tポイントの付与や「Tポイント投資」サービスが実施される予定。

【関連記事】
なぜ失敗し、再起できたのか?SBI証券のマーケ組織変革に学ぶ【MarkeZine Day登壇者情報】
SBI証券、LINE Customer Connectの試験運用開始~対話型FAQサービスにAI活用
Tポイント・ジャパン、訪日台湾人向けTポイントサービスの提供を開始
CCCグループ、徳間書店を子会社化
オートバックスセブン、CCCマーケティングとの合弁会社設立 両社の顧客基盤を連携

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/10/30 14:15 https://markezine.jp/article/detail/29593

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング