SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

快適な搭乗手続きの実現へ!JAL・KDDI・KDDI総研、5Gを用いた空港サービスの実証実験を開始

 日本航空、KDDI、およびKDDI総合研究所は、次世代通信規格「5G」を用いた航空サービスに関する実証実験を開始する。

 3社が共同で行う実証実験の内容は、次の3つだ。1つ目は、5G専用端末によるタッチレス搭乗ゲート。スマートフォンの専用アプリなどで事前チェックインを実施すると、搭乗ゲートに設置した5G機器が自動的かつ素早くチェックイン情報の検知・認証を行う。これにより、カバンなどからスマートフォンを取り出すことなく、スムーズに搭乗ゲートを通過することが可能になる。

 2つ目は、顧客のニーズに合わせた情報配信。ラウンジなどの特定エリアを対象に、そこに滞在している顧客のみが視聴可能なコンテンツを配信する。「5G」ならではの、VRを含めた高精細な映像を活用し、顧客のニーズに合わせた最適なコンテンツの提供を目指す。

 3つ目は位置測定。スマートフォンなどの携帯端末から、空港内における滞在位置を「5G」を活用して把握し、その位置からゲートまでの道順や搭乗予定時刻を案内する。

 なお、同実験は、「5G」通信環境を備えた空港施設を模した施設を再現し、実際の利用状況を想定して行われる。

【関連記事】
LINE、「Clova」の開発プラットフォームの一般公開を発表 初期パートナーにJALなど34社
JALが語る、ブランディング戦略としてのSNS運用 エルテス、無料セミナーを4月25日に開催
KDDIと楽天が提携 決済・物流・通信ネットワーク分野でサービス競争を促進
KDDIとグリーの子会社が提携 バーチャルYouTuber事業において相互のアセットを活用
SupershipとKDDI中国が京東クラウドの戦略的パートナーに選出 共同での市場開拓などを目指す

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/11/05 19:03 https://markezine.jp/article/detail/29645

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング