MarkeZine(マーケジン)

記事種別

快適な搭乗手続きの実現へ!JAL・KDDI・KDDI総研、5Gを用いた空港サービスの実証実験を開始

2018/11/05 09:30

 日本航空、KDDI、およびKDDI総合研究所は、次世代通信規格「5G」を用いた航空サービスに関する実証実験を開始する。

 3社が共同で行う実証実験の内容は、次の3つだ。1つ目は、5G専用端末によるタッチレス搭乗ゲート。スマートフォンの専用アプリなどで事前チェックインを実施すると、搭乗ゲートに設置した5G機器が自動的かつ素早くチェックイン情報の検知・認証を行う。これにより、カバンなどからスマートフォンを取り出すことなく、スムーズに搭乗ゲートを通過することが可能になる。

 2つ目は、顧客のニーズに合わせた情報配信。ラウンジなどの特定エリアを対象に、そこに滞在している顧客のみが視聴可能なコンテンツを配信する。「5G」ならではの、VRを含めた高精細な映像を活用し、顧客のニーズに合わせた最適なコンテンツの提供を目指す。

 3つ目は位置測定。スマートフォンなどの携帯端末から、空港内における滞在位置を「5G」を活用して把握し、その位置からゲートまでの道順や搭乗予定時刻を案内する。

 なお、同実験は、「5G」通信環境を備えた空港施設を模した施設を再現し、実際の利用状況を想定して行われる。

【関連記事】
LINE、「Clova」の開発プラットフォームの一般公開を発表 初期パートナーにJALなど34社
JALが語る、ブランディング戦略としてのSNS運用 エルテス、無料セミナーを4月25日に開催
KDDIと楽天が提携 決済・物流・通信ネットワーク分野でサービス競争を促進
KDDIとグリーの子会社が提携 バーチャルYouTuber事業において相互のアセットを活用
SupershipとKDDI中国が京東クラウドの戦略的パートナーに選出 共同での市場開拓などを目指す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5