SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Viibarが日本テレビと提携 顧客基盤などを相互活用し新たなサービスの開発・運営へ

 動画マーケティング事業などを行うViibar(ビーバー)は11月9日、日本テレビ放送網(以下、日本テレビ)と資本業務提携を結んだ。

 Viibarはこれまで、広告主・メディアパートナーに対し、マーケティングやメディアにおける様々なソリューションを提供してきた。とりわけテレビ放送局との取り組みは親和性が高く、同社はより一層強固な形で事業を推進・発展させていく考えだ。

 一方日本テレビは、インターネット事業への注力や、テレビメディアとの接触が少ない「ネットファースト層」にも支持されるコンテンツの創造を掲げている。それにともない、動画広告ビジネスやスマートフォン・PCなどの視聴環境への対応を進めている。

 こうした背景のもとViibarは、広告およびコンテンツ領域における包括的な業務提携を日本テレビと締結。今後は、両社が持つ顧客基盤・ブランド価値・ノウハウ・ネットワークなどを相互活用した、新しいサービスの開発・運営を推進していく。

【関連記事】
SNSとCS放送で動画広告を配信!ViibarとFOXネットワーク、共同広告商品の提供をスタート
ViibarとABCフロンティアHD、DIY動画メディア「LYKKE」を本格始動
広告・映像業界の働き方改革を推進!Viibar、業務効率化ツール「Vync」をリリース
Viibar、動画コンテンツ制作専用のオフィス「目黒川スタジオ」開設
電通デジタルと電通、Viibar と資本業務提携 動画製作体制を強化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング