SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

セプテーニ、Facebook広告の新たな広告運用手法を構築/リアルタイムPDCAを可能に

 セプテーニは、Facebook広告において、Facebook広告の公式APIパートナーのみ使用可能な「Lift API」を導入し、広告のビュースルー効果をより正確に評価しながら、リアルタイムで広告運用のPDCAを回すことができる広告運用手法「Conversion Lift Based Optimization」を新たに構築した。

 Facebook広告において、広告効果をより正確に評価するためには、ユーザーが広告接触直後どれだけクリックしたかを成果とする「クリックスルーコンバージョン」だけでなく、広告接触後の間接的な行動変容も成果とする「ビュースルーコンバージョン」を測定することが重要になっている。

 ビュースルーコンバージョンの測定には、Facebook広告のコンバージョンリフト調査(※)の実施が有効だが、従来の手法では、キャンペーン後からレポートまで一定期間を要するため、短期間では広告運用におけるPDCAを回しにくいことが課題となっていた。

 「Conversion Lift Based Optimization」は、Facebookが提供する「Lift API」を活用し、コンバージョンリフト調査を半自動化させ、リアルタイムでコンバージョンリフト値を確認しながら広告運用を行うことができるというもの。

 同手法を用いることにより、広告効果の正確な評価に基づいて、ターゲティングやクリエイティブなど即時にPDCAを回すことができる。これにより、より迅速に広告運用を最適化し、広告主企業の広告効果の向上を図ることが可能だ。

(※)コンバージョンリフト調査:ターゲットを2つのグループ(広告を表示する実験群と表示させないコントロール群)に分け、コンバージョンを比較することで、その広告による増分(リフト)を計測する評価方法

【関連記事】
セプテーニが「TikTok LAB」を設立 運用型広告における効果的なクリエイティブを研究
AIでアプリ内のユーザー行動を予測し可視化!セプテーニ、「Precog for APP」をリリース
セプテーニ、機械学習を活用した運用レコメンドツールを開発 コンサルタントの作業効率向上へ
セプテーニ、Yahoo!ディスプレイアドネットワーク専用の動画広告制作システム「ISSEY!」を構築
広告レポート自動作成ツール「アドレポ」、セプテーニにて導入開始 Google BigQueryに接続

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング