SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ディノス・セシール、Hmcommと「通販コールセンター向けAI自動応答受注システム」の共同開発を開始

 ディノス・セシールは、Hmcommと共同で、通販コールセンター向けのAI自動応答受注システムの開発を開始する。

 今回の取り組みでは、ディノス・セシールがコールセンター運営で培ったノウハウ・経験・データ等を提供し、Hmcommが開発したAI音声認識コンタクトセンターシステム「VContact」に、自動応答機能を搭載。最終的にはAIが顧客との自然会話によって通販受注を受付・完了することを目指す。

 ディノス・セシールは、本システム導入により、電話利用の顧客ニーズが高い、テレビ通販やカタログ通販事業において、呼量集中時でも顧客にとってストレスのない電話受注環境を整備していく。また24時間365日の対応が可能となることで、顧客の利便性向上や、コミュニケーターの人員計画等における、コールセンター運営の効率化も図っていく。

 本システムの稼働は来年春を予定。今回はテレビ通販のシナリオに沿った開発となるが、将来的には検索・提案機能等の開発も検討していくことで、「カンバセーショナル・コマース」実現も視野に入れていく。

【関連記事】
ディノス・セシール、パーソナライズド小冊子『Like it!』の発行を開始
ディノス、初のスマートフォンアプリ「dinos SALE」をリリース
ディノス、購入商品を全国のローソンで24時間受け取り可能に~ローソンと佐川急便が連携
ディノス・セシール、Twitterの動画共有スマホアプリ「Vine」を使った「6秒間プロモーションムービーコンテスト」
ディノスオンラインショップ、ALBERTのプライベートDMP「smarticA!DMP」を採用

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/11/20 11:30 https://markezine.jp/article/detail/29784

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング