SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

スマート店舗の構築・運用をトータル支援!トランスコスモスチャイナと中国聯通上海支社、戦略的提携を締結

 トランスコスモスの100%子会社であるトランスコスモスチャイナは、中国聯合網絡通信集団(以下、中国聯通)の上海支社と、スマートリテール(※)分野における戦略的パートナーシップ協定を締結した。

(※)スマートリテール:ショッピング体験そのものに付加価値をつけるとともに、テクノロジーを用いて単純な人件費削減を超えた新たな分野での効率化によるコスト削減を現実化させること。

 近年、ニューリテール事業の持続的な成長にともない、多くのリテール企業にとって、事業成長のボトルネックを突破し市場競争環境を勝ち抜いていくことが課題となっている。この背景を踏まえ、両社は提携に至った。

 中国聯通は、中国で電気通信事業を展開する企業で、店舗集客やスマート化されたジオターゲティングなどに応用できるデータを保有している。また、同社がもつネットワークインフラの構築における利点、クラウド上のデータの相互接続や顔認識などの先進的テクノロジー、遠距離からの店舗巡回やITOの運用・保守などスマート化された可視化システムを活用して、顧客数のリアルタイム統計や、それに基づく入店率、消費率や顧客特性などの分析が可能。加えて中国聯通は、店舗管理効率の向上、コスト削減、店舗運用の差別化を支援する。

 両社は今後、顧客企業のデータと第三者のデータを統合すると同時に、スマート店舗基盤とオンラインとオフラインを融合したトータル運用サービスをワンストップで提供していく。

【関連記事】
トランスコスモス、タイのHeroleadsと資本提携 アジア向けのデジタルマーケティングを事業を強化
トランスコスモス、インフルエンサーマーケティング事業においてIDH Mediaと連携を開始
トランスコスモス、アドビのDSPにAnalyticsのデータを連携した広告配信を実施
トランスコスモス、コンタクトセンターにおける応対品質の自動判定AIを開発
トランスコスモス、「Gotcha!mall」LINE公式アカウントとのコラボ広告を販売

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/12/07 15:00 https://markezine.jp/article/detail/29921

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング