MarkeZine(マーケジン)

記事種別

RTB HouseのAIマーケティングラボ、3つのマーテックイノベーションを開発 試験運用へ

2019/01/09 17:00

 RTB Houseは、2018年5月に開設したリサーチ部門「AIマーケティングラボ」において開発されたマーテックイノベーションの初期テストを開始する。

 初期テストは、同社の提携企業の一部において、2019年の第1四半期から試験的に開始され、2019年中に提携企業に提供される見通し。またこれらのイノベーションは、ディープラーニングに基づいた同社のリターゲティング広告テクノロジーと統合される予定だ。

 今回開発されたのは、次の3つ。1つ目の「ソーシャルバナー」は、顧客ごとにカスタマイズされた広告を表示することで、UXと商品レコメンドを向上させる機能だ。ゲーミフィケーション機能の採用により、バナー上の商品に対し、顧客が「いいね!」することが可能に。また、情報提供に事前同意を得た顧客からのフィードバックに基づき、お気に入りの商品として選択されたものに関連性の高い商品が、おすすめとして表示されるようになる。顧客によって提供されたソーシャルバナーの情報は、UXの向上と商品レコメンド全般の精度向上のために、抽象化された情報として扱われ、パーソナライズ化とパフォーマンスを強化する。

 次に「RTB House スニペット」は、ブランドガイドラインに沿ったクリエイティブの作成を可能にし、パーソナライズ化されたコンテンツにも対応。様々なオンラインチャネルの広告キャンペーンで、クリエイティブを使用できる。これにより、トラフィックの効率的な獲得や一貫性のあるブランドキャンペーンの運用、ターゲット層に関するインサイトの発見が期待される。

 さらに「レコメンドフル・ページ」では、顧客の過去の行動と嗜好に基づき、顧客それぞれの好みに沿った商品一覧を表示。商品ページへリダイレクトされる前に、専用のランディングページでおすすめ商品を紹介できる。カスタマイズされた「レコメンドフル・ページ」では、顧客の好みに合った商品が厳選して表示されるため、顧客の目に留まり、行動を促しやすくなる。加えて、キャンペーンをランディングページの来訪者に表示することにより、商品のクリックを促す。

【関連記事】
ユニヴァ・ペイキャスト、リターゲティング広告プラットフォーム「RTB House」との連携開始
LINE、ダイナミックリターゲティング広告「LINE Dynamic Ads」を提供開始
CAアドテクスタジオのダイナミックリターゲティング広告、オプトの「Spin App」と連携を開始
スイッチスマイル、ビーコン情報を活用した「位置情報連動型リターゲティング広告」をリリース
リスティングとリタゲに半数が費用対効果の高さを実感/クロスデバイス対応の状況は?【Criteo調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5