MarkeZine(マーケジン)

記事種別

JAL、対話型AIロボットを活用した実証実験を開始 顧客の年代・性別に合わせた会話から観光地を提案

2019/01/10 11:15

 日本航空(以下、JAL)は、先進技術を用いた製品を開発するロボティクスベンチャー企業であるハタプロの協力のもと、手乗りサイズの対話型AIロボット「マカナロイド」を活用した実証実験を開始した。

対話型AIロボット「マカナロイド」

 JALはこれまで、同社のホームページや専用アプリにおいて、ハワイの情報をチャット形式で回答するバーチャルアシスタント「マカナちゃん」を展開してきた。

 今回開始となった実証実験では、空港・ラウンジ・店舗などのリアルの場において、音声認識機能や画像認識機能などを活用した「マカナロイド」を新たに設置。これによって、顧客の年代・性別に合わせた会話から、ハワイ島のおすすめスポットを提案する。

 AIやロボットを活用したサービスの向上・効率化が期待される中、JALは顧客との幅広い接点で、最先端のテクノロジーを活用した新たなサービスの提供を目指す。同社はまた、スマート空港化の一環として、空港や現地スタッフの業務支援としてのテクノロジー活用の可能性も検討していく。

【実験概要】
実験期間:2018年12月下旬~2019年3月末を予定
設置場所:
<日本国内>:成田国際空港国際線サクララウンジ本館、中部国際空港サクララウンジ、関西国際空港発券カウンター、JALプラザ有楽町、日本航空本社ビル2階など
<ホノルル>:ダニエル・K・イノウエ国際空港発券カウンター、シェラトン・ワイキキJALPAKアロハステーション、ハイアット リージェンシー ワイキキJALPAKアロハステーション

【関連記事】
快適な搭乗手続きの実現へ!JAL・KDDI・KDDI総研、5Gを用いた空港サービスの実証実験を開始
ANA、JALがトップ2に/2018年Webサイト価値ランキング【トライベック・ブランド戦略研究所】
LINE、「Clova」の開発プラットフォームの一般公開を発表 初期パートナーにJALなど34社
LINE、友だち以外にもメッセージを届けることができる「通知メッセージ」を始動 JALなど6社と連携
画像認識技術を活用して観光地情報を提案!JAL、バーチャルアシスタント「マカナちゃん」の機能強化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5