MarkeZine(マーケジン)

記事種別

博報堂DYグループ、新プラニング手法「生活者モードベースドプラニング」を発表

2019/01/10 16:15

 博報堂DYホールディングスのグループ横断型組織「デジタルロケーションメディア・ビジネスセンター」は、新プラニング手法「生活者モードベースドプラニング」を発表した。

 デジタルロケーションメディア・ビジネスセンターでは、「状況」によって生活者の意識や無意識下の気分、情報行動が変化することに着目し、生活者の「状況」に内包されるインサイト(潜在ニーズ)を「生活者モード」と定義している。

「生活者モード」イメージ
「生活者モード」イメージ

 マーケティング領域では、新たな「発見」や「気づき」を得る機会が豊富に存在する、生活者の「移動」による状況の変化を特に重視。移動によって変化する状況に内包される「生活者モード」を抽出し捕らえることで、施策効果を最大化するプラニング手法を「生活者モードベースドプラニング」として体系化した。

「生活者モードベースドプラニング」イメージ
「生活者モードベースドプラニング」イメージ

 本プラニング手法で分析・立案した想定事例によると、メディア接触によって商品やサービスについて新たな「発見」や「気づき」の経験を与えるためには、幅広い「移動」のシーンが有効であることがわかった。

 また移動によって変化する場所や時間、気分や行動といったデータから抽出した「生活者モード」が、キャンペーンのコアコンセプトをはじめ、広告出稿/イベント/CRM/販促といった様々なマーケティング施策立案に活用可能なことが明らかになった。

【関連記事】
博報堂DYホールディングスがNTTデータと協業を開始 ブロックチェーンなどを活用しデータを安全に管理
博報堂DYホールディングス、「データ・エクスチェンジ・プラットフォーム設立準備室」を設置
博報堂、媒体社と連携した企業オウンドメディアのコンテンツ制作ソリューション「PRECTORY」提供
博報堂DYHDの戦略事業組織「kyu」、デザインコンサルティング行う「IDEO」を傘下に
博報堂DY、ブランドの「選択候補」「推奨意向」等と販売との関係性を週次で把握できるサービス提供へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5