MarkeZine(マーケジン)

記事種別

三菱地所がビーコンを用いた実証実験を開始 顧客の「行動データ」と「購買データ」を収集・分析へ

2019/01/17 14:00

 三菱地所は、横浜のみなとみらいエリアで同社グループが運営する商業施設3施設において、各施設内および施設間における顧客の「行動データ」と「購買データ」を収集・分析し、効果的な集客・販促施策の実施を目指す実証実験を開始した。

 実証実験では、unerry(ウネリ―)が提供する、施設来訪者の行動データプラットフォーム「Beacon Bank」を活用し、顧客の購買行動を見える化して分析する。

 具体的には、対象施設の共用部や店舗内(208店舗)にビーコン端末約400個を設置。本実験にあわせて開発したアプリ「みなとみらいスタンプラリーアプリ」をダウンロードした顧客がこのビーコン端末の電波圏内に入ると、システム上で検知される仕組みだ。

 本アプリと商業施設内で利用できるポイントカード「みなとみらいポイントカード」が連携されると、行動データに購買データを紐づけた分析も可能となる。

実証実験イメージ
実証実験イメージ

 本取り組みにより、顧客の行動特性や商業施設内の回遊ルート、商業施設間の買い回り動向を把握できるため、効果的な集客施策・施設運営が可能となる。

 また、検出された来館・来店情報をもとに、顧客の嗜好にあった最適なクーポンやお知らせなどを「みなとみらいスタンプラリーアプリ」を通じてプッシュ通知することで、よりきめ細かな顧客コミュニケーションを実現する。

【実験概要】
主催:三菱地所株式会社
協力:株式会社unerry
目的:ビーコンを用いて顧客の行動データとポイントカードによる購買データを収集分析し、マーケティングへ活用する実証実験
実証期間:2019年1月18日(金)~2019年3月31日(日)(予定)
実施場所:MARK IS みなとみらい、ランドマークプラザ、スカイビル

【関連記事】
三菱地所・サイモン、中国の電子決済サービス「支付宝」をアウトレットに導入~ユーザーは4.5億人以上
三菱地所ホーム、全国18か所のホームギャラリーにVRツールを導入
DACの「DialogOne」がリアル行動データプラットフォームと連携/ビーコン活用施策を可能に
スイッチスマイル、ビーコンを活用した位置情報ソリューション「pinable Ver 3.0」を公開
スイッチスマイル、ビーコン情報を活用した「位置情報連動型リターゲティング広告」をリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5