SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

オンラインと実店舗の顧客データを統合!英Arm、小売業向けの新ソリューションを発表

 英Armは1月10日、小売業向けの統合データマネジメント・ソリューション「Arm Retail」を発表した。

 「Arm Retail」は、Armの提供する「Arm Pelion IoT Platform」と「Arm Treasure Data eCDP」を統合したソリューション。同ソリューションによって小売業者は、これまでサイロ化されていたデジタル上の顧客データと実店舗のIoTデータを統合・管理し、顧客の購買プロセスの全体像を把握することができる。

 CDP(Customer Data Platform)は、ディスプレイ広告や電子メール、Web、モバイルなど、様々な種類のデジタル・タッチポイントを対象にデータ収集プロセスを統合することで、マーケターに価値を提供している。同ソリューションでは、実店舗のIoTデータとPOSデータを取り込むことによって、こうした価値をさらに増大させている。

 また、「Arm Pelion IoT Platform」を活用することで、店内のリアルタイム・データを管理し、APIによるデジタルマップ、ビーコン、コンピュータ・ビジョン、店舗運用ソフトウェアの統合も実現する。

 これによって小売業者は、顧客の趣向にもとづき、店内の商品をパーソナライズ化することができる。小売店のオペレーションにおいては、商品の人気度やSKU(Stock Keeping Unit)の流通速度、店内の混雑度、滞在時間などの指標に関するリアルタイム・データによって導かれた推定から、店舗のレイアウトや商品の配置、店舗スタッフの優先順位を最適化することもできる。

 その他、同ソリューションでは、Armのパートナーで、世界250社以上の小売業者に使用される店舗運用ソフトウェア・ソリューションを提供する米Reflexisを筆頭に、小売業者の既存のシステムやソフトウェアとのシームレスな連携も行う。

【関連記事】
300社以上の広告主とデータ連携!オールアバウト、英Armと共同でメディア向けサービスをリリース
保険業界の顧客対応を最適化!三井情報、英Armのプラットフォームを活用したソリューション開発へ
最適なユーザーセグメントを実現!「Ameba」が英Armのカスタマーデータプラットフォームと連携
三陽商会とABEJAが提携 小売り・流通業界のデジタル化を促進し、AIを活用した顧客体験の創出へ
データ蓄積~施策提案までを実現!日立、小売り・流通業向けの支援サービスを11月1日から提供へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/01/16 15:30 https://markezine.jp/article/detail/30154

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング