SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第102号(2024年6月号)
特集「ブランドは気まぐれな消費者とどう向き合うべきか?」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

NTTドコモ、iGoogle用「ドコモダケガジェット」リリース

 iGoogleは、Googleが提供する各種サービスを「ガジェット」のかたちでユーザーが自由に組み合わせて表示することができるサービス。このiGoogle向けにリリースされたドコモダケのガジェットは、ドコモダケのアニメーションやデジタル時計を表示する機能のほか、ドコモユーザーのための総合ポータルサイト「My DoCoMo」へのリンクを提供する。

「ドコモダケ」がジェットから、「My DoCoMo」にログインして料金確認などができる

 「My DoCoMo」は、自分の料金情報などにアクセスすることができるユーザーごとのホームページ。ログインすると料金やポイント確認、各種手続き、料金プラン診断などを利用することができる。

【関連リンク】
NTTドコモ、プロゴルファー石川遼とスポンサー契約を締結
【モバイルリサーチ】MyTubeに迫るニコ動 PCでの下地作りがモノをいう
電子小説専門サイト「ケータイ小説堂」オープン、日経のビジネス書も独占先行配信
子どもの携帯の6割が「親権者名義」、家庭内のルールで最も多いのは「料金の使いすぎ」

「ドコモダケガジェット」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/04/01 14:20 https://markezine.jp/article/detail/3022

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング