SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

シンクタンク組織「Z総研」が発足!Z世代をターゲットにする企業のマーケティング活動を支援

 N.D.PromotionとZERO、博報堂DYメディアパートナーズグループのオールブルーの3社は、共同でZ世代を対象としたシンクタンク組織「Z総研」を発足すると発表した。

 米国では、1960年から1970年代生まれた世代をジェネレーションX、1980年代頃に生まれた世代をジェネレーションYと呼び、分類することで、その世代の特徴に合わせたマーケティングやエンターテインメントを生み出してきた。その後続いた「ミレニアル世代」もまた同じく、1990年以降に生まれた人々を分類するための呼称として用いられてきた。

 しかし近頃、このミレニアル世代の1990後半から2000年代に生まれた比較的若い世代には、他の世代とは異なる特性があると考えられ始めた。そこで派生した呼称が「ジェネレーションZ(Z世代)」だ。未来を牽引するこの新世代の若者は他の世代の常識は当てはまらず、大人には理解しがたいユニークな生態をもっている。そんな世代にアプローチしていくためには、その生態を調査し、解明することが必要不可欠となる。

 Z総研は、Z世代をターゲットとした商品や企画に携わる企業のマーケティングパートナーとなることを目標に発足された。三社は、N.D.Promotionが運営するZ世代向け情報発信WEBサイト「Nom de plume」の保有するZ世代コミュニティと、そのネットワーク、ZEROによる調査リサーチ機能、並びにオールブルーによるZ世代向けプロモーションの企画機能というそれぞれの強みを連携することで、クライアントへソリューション提供を目指していく。

【関連記事】
LIDDELLと電通テック、InstagramでZ世代男性向け美容アカウント開設!厳選した情報発信へ
他人の目を気にする「ソーシャルよいこ」がZ世代の特徴 Z世代会議調査「Z世代レポート2018」発表
ながら視聴は全世代共通/情報を取得する際に最も利用するチャネルは?【デジタルメディア利用実態調査】
ミレニアル世代に届く動画の企画・制作~配信を支援!ワンメディア、「ONE NETWORK」をリリース
ミレニアル世代、「テレビを観ながらSNS」8割超え【J:COM調べ】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/01/25 14:45 https://markezine.jp/article/detail/30226

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング