MarkeZine(マーケジン)

記事種別

True Data、エリアごとの消費嗜好を数値で把握できるサービス「DataCOLORS」を提供へ

2019/02/01 07:15

 True Dataは、2019年2月1日より、生活者の消費嗜好を指数化するサービス「DataCOLORS(データカラーズ)」の提供を開始する。

「DataCOLORS」イメージ

 「DataCOLORS」は、True Dataが保有する全国のドラッグストアおよびスーパーマーケットの合計約6,000店舗、約5,000万人規模の購買データ(ID-POSデータ)をもとに、食品・日用品の新商品を購入する人が多い「アーリーアダプター指数」、お買い得商品を好む「価格センシティブ指数」など、エリアごとの消費嗜好(カラー)を表す指数データを提供する。

「DataCOLORS」では、上記7つの指数から提供を開始する

 「DataCOLORS」はまた、生活者が日常的に利用する実店舗の購買データで算出した消費嗜好を、最も細かいエリアの場合、町丁目レベルで把握することができるという特徴を持つ。さらに、性別・年代別のフィルターを加えることで、自社が重視すべきエリアを絞ることもでき、商品・サービスによりマッチした顧客群へアプローチすることが可能になる。

 True Dataは今後、同サービスで提供する消費嗜好の指数において、決済・ウェルネスデータなど外部データと連携することでラインアップを増やしていく予定だ。

【関連記事】
商品購買情報×クレジットカード情報で「生活者のニーズ」を見える化!セディナとTrue Dataが連携
ニールセンとTrue Dataが提携 小売企業向けに分析ソリューションを展開
地域の顧客データを可視化!JTB、地域観光マーケティングを支援する「エリア アナライザー」を開発
レシート情報を商圏エリアの購買実態分析に活用!DNP、「お買い物レシート統計」を開発
日産、デジタル領域のエリアマーケティングを強化 オロが支援

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5