SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

性別・年齢別の視聴数を計測!フューチャースタンダード、サイネージの視聴効果計測サービスを提供開始

 AI映像解析ソリューションカンパニーのフューチャースタンダードは、顔認識技術を活用したサイネージの視聴効果計測サービス「SCORER for Signage」をリリースし、販売を開始する。

 「SCORER for Signage」は、USBカメラと小型の専用端末をサイネージへ設置することで、画像解析による顔認識技術によって、サイネージ閲覧した人の性別・年齢別の視聴数を計測。ダッシュボードで効果を確認できる。またセットトップボックスと連携させることで、性別・年齢別のターゲティング広告も可能だ。

サイネージにUSBカメラを設置し、ダッシュボードで視聴効果を確認
サイネージにUSBカメラを設置し、ダッシュボードで視聴効果を確認

 解析処理は小型の専用端末のメモリー内で行なっているため、顔が写った画像の保存や、クラウド上のサーバーへのアップロードが必要なく、プライバシーにも配慮した設計になっている。

【関連記事】
視聴率に基づきデジタルサイネージのクリエイティブを改善!Kaizen Platformがフェズと開始
ベクトル、みんなのタクシー保有の車両約1万台でサイネージ広告事業を展開
カチコとimpactTVが提携!店舗ごとに最適化された動画広告をデジタルサイネージで配信可能に
性別・年齢に応じた店頭CMの自動出し分けが可能に!impactTVのデジタルサイネージに新機能が追加
アクティブデザイン、奥行き感や色の変化を楽しめるミラー型サイネージを提供!イオンの実証実験にも採用

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/02/06 15:45 https://markezine.jp/article/detail/30311

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング