SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Google、画像検索からアダルト画像をデフォルトでフィルタリングする「セーフサーチ」提供開始

 「セーフサーチ」はGoogleが独自の技術を駆使して、明らかに性的なコンテンツを含むサイトを選別し、検索結果に表示されないようにする機能。Googleのトップページにある「表示設定」のリンクをクリックすると、設定項目のひとつとして表示される。

セーフサーチの設定項目

 セーフサーチの設定には、「フィルタリング(中)」「フィルタリング(強)」「フィルタリングなし」の3段階あり、デフォルトは画像検索結果から不適切な画像をフィルタリングする「フィルタリング(中)」に設定されている。

 デフォルト設定の「フィルタリング(中)」は、 画像検索の結果に不適切な画像を表示しないようブロックするが、通常のウェブ検索の結果はブロックしない。このデフォルト設定は、ユーザーが変更しなければ適用されたままになる。一方、「フィルタリング(強)」は、 画像と通常のウェブ検索を含むすべての検索結果をフィルタリングする。「フィルタリングなし」は、セーフサーチが完全にオフになる。

【関連リンク】
ニフティ、スパムブログのフィルタリング技術を開発、ブログの4割をスパムとして検出
大企業がアクセスを制限する三大サービス「アダルト系ブログ・2ちゃんねる・mixi」、「しょこたんぶろぐ」も×
この投稿の成分は「結婚・アダルト・暴力」、サイトに無関係な投稿を監視するJetrunテクノロジのフィルタリングサービス
安全なカテゴリからアダルトサイトに到達する可能性は1ジャンプで10倍【東京大学とトレンドマイクロ共同研究】

「セーフサーチ開始のお知らせ」(Google Japan Blog)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング