MarkeZine(マーケジン)

記事種別

AI Lab、東京工業大学 岡崎教授と「広告キャッチコピーの分析・自動生成」に関する共同研究を開始

2019/03/15 11:45

 サイバーエージェントにおける人工知能技術の研究開発組織「AI Lab」は、東京工業大学情報理工学院教授の岡崎直観氏と「広告キャッチコピーの特徴分析と自動生成」に関する共同研究を開始した。

 岡崎直観教授は自然言語処理を専門とし、言葉を理解する計算機の実現に向け、言語ビッグデータから知識を自動的に獲得する研究や、深層学習に基づく意見分析や言語生成など、様々な研究テーマに取り組んでいる。

 今回の共同研究では、これまでにサイバーエージェントで作成したキャッチコピーを中心とする大量のクリエイティブデータから、「広告効果と相関性のある表現の発見や、新しい訴求ポイントの提案」「コピーライターの特性分析を行う、広告キャッチコピー自動生成モデルの構築」などを行う。

 本研究で得られた知見は、同社コピーライターが創るオリジナルコピーの制作支援や、広告キャッチコピー自動生成システムの開発に応用。これにより、コピーライターやクリエイターにおける制作時間の大幅な削減に貢献するとともに、ユーザー毎に最適化された広告クリエイティブ提供を目指していく。

【関連記事】
エウレカ、「Pairs」にAIチャットボット「KARAKURI」を導入 平均約30秒の課題解決を実現
動画広告事業を行うバベルが総額3.4億円の資金調達 BIツールの開発やAI活用に注力
博報堂DYHDとEAGLYSが資本業務提携 AI&秘密計算を活用したデータ連携や分析モデルを構築へ
NECとマクロミル、会場調査&生活者購買予測サービスを提供へ AIや生体情報を活用しインサイトを発掘
米DataRobot、英Armとの協業を開始 両社のデータ連携で企業のAI活用を推進

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5