SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

リコー、オフィス機器サービスにAlexa for Business採用 コピーやスキャナーを音声操作

 アマゾン ウェブ サービス ジャパン(以下、AWSジャパン)はリコーが複合機の音声操作サービス「RICOH Intelligent Voice Control」(以下、音声操作サービス)にAlexa for Businessを採用したことを発表した。リコーは当サービスを2019年夏に米国で発売予定。

 リコーの複合機の利用者は当サービスを活用することで、Amazon Alexa対応のスマートスピーカーを通じて、複合機のコピーやスキャナーなどの機能を音声で操作することが可能になる。AWSジャパンは、AWSクラウドでサポートされたAlexa for BusinessとAmazonが提供するAlexa Skills Kit を使った音声操作サービスの開発および機能拡充にあたり、リコーへ技術支援を行っているという。

 Alexa for Businessは、組織や従業員がAlexaをインテリジェントなアシスタントとして使用し、業務の生産性を高めることができるAWSのサービスで、今のところ米国を対象に提供されている。

 リコーは、Alexa for Businessの利用可能なリージョンの拡張に応じた米国以外へのサービス展開や、利用者がアウトプットイメージのみをスマートスピーカーに音声で伝えることですべての設定を反映することができる機能の実現、音声操作サービスに対応するオフィス機器のラインアップ拡充などを予定している。

 リコー代表取締役 社長執行役員の山下良則氏は、「Alexa for Businessとの連携により、今まで実現できなかった新たなユーザーエクスペリエンスを提供し、お客様の業務の生産性を大幅に高めることができる」とコメントしている。

【関連記事】
Amazon Alexaに「アパマンショップ」スキルが登場!新生活の手続きやゴミ出しをリマインド
音声で購入商品を再注文!ecbeing、メガネスーパーにおいてAlexaスキルへの対応を開始
スマホでもAlexaによる音声操作が可能に Amazon、「Alexaアプリ」に音声機能を追加
DELISH KITCHENと江崎グリコ、Amazon Alexaによる音声プロモーションを開始
トランスコスモス「DECAds Connect Edition」、「Amazon Alexa」に対応

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/04/08 14:10 https://markezine.jp/article/detail/30808

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング