MarkeZine(マーケジン)

記事種別

必要なのは「世界初」という認知 「popIn Aladdin」ローンチ時のTwitter活用に迫る

2019/06/26 10:00

 プロジェクター、スピーカー、シーリングライトが一体となったプロジェクター付きシーリングライト「popIn Aladdin(ポップイン・アラジン)」。クラウドファンディングで多くの支持者から熱狂的な支持を集め、開発に着手してから半年あまり。2018年11月1日に一般販売を開始した同商品は、発売時にその魅力と価値を効果的に伝える方法の一つとしてTwitterを選んだ。本記事ではその理由、そして実際に行った施策と得られた成果についてpopIn イノベーション事業本部 マーケティング部 シニアマネージャー 岡本岳洋さんに聞いた。

目次

親子のコミュニケーション機会増加のために開発

MZ:まず、簡単に現在の担当業務についてご紹介いただけますか。

岡本:「popIn Aladdin」のマーケティング全般を担当しています。今でこそ少し人数が増えましたが、発売当初は7人程度の組織で、製品開発を直接担当した社長を筆頭に、広報、営業、マーケティング、カスタマーサポートなどの役割を皆でサポートし合っていました。

popIn株式会社 イノベーション事業本部 マーケティング部 シニアマネージャー 岡本岳洋氏
popIn株式会社 イノベーション事業本部 マーケティング部 シニアマネージャー 岡本岳洋氏(写真提供:popIn株式会社)

MZ:「popIn Aladdin」がどういったものか、簡単に教えてください。

岡本:「popIn Aladdin」はプロジェクター、スピーカー、シーリングライトが一体化している家電製品で、私たちはこれを3in1スマートライトと呼んでいます。ハードウェアの観点で見ると3in1であることが特徴ですが、ソフトウェアの観点でもAndroid OSを搭載したことにより、多彩なアプリを利用できるという強みをもっています。

 具体的には、Netflix、Amazonプライム・ビデオ、YouTube、Spotifyなどの「エンターテインメント系アプリ」、当社が独自に開発した「子ども向け/親向けの教育アプリ」、時計や家族の写真を投影してお部屋の雰囲気作りができる「インテリア系アプリ」です。

MZ:なぜこのような商品を開発したのでしょうか。

岡本:社長が元々「親子のコミュニケーション機会の減少」に問題意識を持っていたのが開発のきっかけです。スマートフォンやタブレットが普及し様々なことが便利になり効率化された一方で、親子が同じ空間にいても会話をせず、それぞれがその「小さな画面」に集中してしまい家族の時間が断絶しているという現代特有のシーンに、強い課題意識を持つようになりました。

 それは決して理想的な家族の時間の過ごし方ではないと思った社長は、親子が一緒に会話をしながら楽しめる空間について考え始めました。その中で、寝るためだけに使われることが多い「寝室」に着目し、更にその壁を活かすアイデアとして「popIn Aladdin」を思い付きました。先ほど紹介したアプリの中に、教育系のアプリがあるのもそのためです。

欲しいのは「世界初」という認知

MZ:「popIn Aladdin」自体は非常に画期的で話題も作りやすそうなプロダクトですね。今回Twitterを活用するに至った背景を教えてください。

岡本:一般販売を開始するにあたり、打ち出すメッセージを「世界初の3in1スマートライト」と決めていました。そして、今まで世の中になかった製品の存在を知ってもらうには多くの方の話題にしてもらう必要がありました。

「popIn Aladdin」
「popIn Aladdin」

 その目的を果たす上でTwitterは即時性が高く、今話題になっていることがわかる場所なので、単なる認知獲得にとどまらずに「何が世界初か」を切り口に会話が生まれ、話題化できるメディアだと考え、活用することを決めました。

 本来我々が伝えたい「popIn Aladdin」の本質的な価値は、製品の利用を通じて「今までに体験したことのない感覚を自分の大切な人と一緒に味わう」という“感動体験”なのですが、発売当初は敢えてハードウェアの特徴である「世界初」というキャッチーな要素でコミュニケーションを図ろうと戦略的に考えました。

MZ:では、Twitter上で行った話題作りの施策は具体的にどのようなものでしたか。

岡本:Twitter活用の目的は話題作りで、施策は「プロモトレンド」への出稿と「#Twitterトレンド大賞 2018」への協賛です。プロモトレンドへの出稿は一般販売開始時の11月1日と、クリスマスキャンペーンの11月28日の2回に分けて実施しました。

MZ:なぜプロモトレンドは2度出稿したのでしょうか。

岡本:1回目は発売日当日、様々な手法でローンチの告知を行いましたが、、他に何かプロモーションはできないかと考えながらチームメンバーでTwitterを見ていたところ、プロモトレンドの枠が空いていることに気づき、急きょ出稿を決めました。限られた時間の中、Twitter Japanと広告代理店の方にスピーディーに対応していただけたので、出稿を実現することができました。

 2回目はさらなる話題作りと、売り上げにつながるかどうかの検証のために出稿しました。売り上げに寄与させるために、ECサイトからの購入で「15%のポイントアップ」という特典も提供しました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5