SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

DMM.com証券が、eKYCを導入 ディープラーニングを用いた顔認証で本人確認業務をWEB完結化

 DMM.com証券は、口座開設時の本人確認業務において、シンプレクスの本人確認プラットフォーム「Deep Percept for eKYC(ディープパーセプト・フォー・イーケイワイシー)」を採用した。

 従来は「顧客による本人確認書類の写しの送付+転送不要郵便の授受」を行っていたところ、「eKYC(e-Know Your Customer)」ではオンラインで本人確認を完結できる。ただし、法令に基づき、本人確認書類の厚み確認については画像データにもとづく目検確認を行う。

 AI技術を用いることで、本人確認書類の顔写真と本人の画像データとの照合や、AI-OCR(Optical Character Recognition:光学的文字認識)による本人確認書類情報の読み取り、および顧客エントリー情報との照合を実現。また、ディープラーニングにより継続的な読み取り精度の向上が見込める。

 さらに、顧客の利便性向上や、口座開設フローでの離脱を防ぐため、WEBブラウザでの本人確認機能を提供する。

 シンプレクスは今後の展望として、金融機関に加えて様々な業界における本人確認業務の効率化に貢献したいとしている。

【関連記事】
SBI証券とCCCマーケティングが資本業務提携 スマホを活用した若年層向け金融サービスの提供へ
マルケトとシルバーエッグが連携 金融・人材・不動産業界のOne to Oneマーケティングを強化
LINE、新会社「LINE Financial」を設立 金融事業の拡大へ
ヤフーと三井住友フィナンシャルGが提携 アプリ開発やデジタルマーケティング行う合弁会社も設立
ISID、金融機関向けLINEカスタマーコネクト導入支援サービスを提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/05/07 11:00 https://markezine.jp/article/detail/30977

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング