SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ピースオブケイク、noteにソーシャルプラグイン「noteで書く」ボタンを公開 日経電子版に実装

 ピースオブケイクは、運営するnoteにおいて、メディアサイト向けのソーシャルプラグイン「noteで書く」ボタンを公開した。

「noteで書く」ボタンの実装イメージ
「noteで書く」ボタンの実装イメージ

 各種WebサイトやiOS/Androidアプリ、ブログなどの運営者が「noteで書く」ボタンを設置し、読者がボタンをクリックすると、記事タイトルと記事URL、各サービス指定のハッシュタグが挿入されたnoteの投稿画面が立ち上がり、各サービスの情報を基にしたnoteを投稿できる。

「noteで書く」ボタンの利用イメージ
「noteで書く」ボタンの利用イメージ

 今回、同社は第一弾として、「日本経済新聞 電子版(PC版)」に「noteで書く」ボタンを実装。ボタンをクリックすると、ハッシュタグ「#COMEMO」が挿入された投稿画面が立ち上がる。「#COMEMO」付きで投稿されたnoteは、日本経済新聞社が運営するビジネスパーソンが知見を共有するプラットフォーム「COMEMO by NIKKEI」や「日本経済新聞 電子版(PC版)」の連動企画に転載される可能性がある。

【関連記事】
note、記事内にECサイトの商品情報の表示が可能に 第一弾として5つのECプラットフォームと提携
「note」等へ記事を自動配信!スマートニュース、新規事業「パブリケーション・ネットワーク」を開始
ピースオブケイク、企業のオウンドメディア運営を支援 サイト構築から集客、収益化までを全面サポート
ピースオブケイク「note」、リリースから1か月で2,000万PV/100万UU達成
ピースオブケイク、個人向けメディアサービス「note」リリース、CtoCでコンテンツ売買も可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング