SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第70号(2021年10月号)
特集「データ活用の新常識」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「CanCam」が「au Wowma!」のライブコマースとコラボ 映えテクに特化し視聴者参加企画も

 KDDI、auコマース&ライフ(以下、aCL)は両社が運営する総合ショッピングモール「au Wowma!(エーユー ワウマ)」アプリ内で提供しているライブコマースサービス「ライブTV」において8月24日より「CanCam(キャンキャン)」とコラボレーションした特別番組「CanCamLive」を全4回放送する。

 番組内容は「CanCam」で人気の“映え”テクに特化し、専属モデルや読者モデルが登場し「CanCam」の特集を動画で見ている感覚を演出するというもの。

 第1回の放送では、ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんがMCで登場し、CanCam専属モデルのまいさんと、「“エモい”おもてなしハウス」をテーマに、ホームパーティが楽しくなるグッズを紹介。

 2回目以降も“映え” “盛り” “ムビジェニ(ムービージェニックの略で動画映えのこと)”などCanCam世代の流行語をテーマに人気商品を紹介。MCには品川庄司さんが登場し、CanCamモデルとしては堀田茜さん、小室安未さん登場する予定。また、CanCamの読者モデルが、お題に合わせて“映えテク対決“し、視聴者が視聴中に審査員となってコメント&投稿するというライブコマースならではの企画も盛り込まれている。

【関連記事】
小学館、集英社、Fringe81の3社、マンガアプリへの広告出稿が可能な共同プラットフォームを提供へ
森永製菓が小学館と「社会人一年生」創刊 「inゼリー」が付く雑誌版とデジタル版を展開
小学館とVOYAGE GROUPが共同出資で会社設立 コンテンツのデータベース化を支援
小学館、CCIと「小学館 ライフスタイル ブランドスタジオ」設立/広告主のマーケティング活動を支援
and factoryと小学館、コミック配信サービス「サンデーうぇぶり」の開発運営において業務提携

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/08/21 09:00 https://markezine.jp/article/detail/31810

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング