SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

JTB、「Yextプラットフォーム」を導入 店舗ページの全体インプレッション数が約40%増加

 JTBは、Yextが提供する「Yextプラットフォーム」を導入したと発表した。

 同プラットフォームは、検索サイト、マップ、SNS上での正確な情報発信を可能にする。

 JTBではこれまで、全国のリテールと法人支店、総合提携店がそれぞれ、自社サイトの店舗ページを中心に、キャンペーンやおすすめの旅行先、店舗情報などを発信していた。しかし同じような情報を各店舗が個別入力していたことから、「情報発信業務が非効率」「タイムリーな情報発信が行えない」「店舗間での表現や書式の統一感に欠く」といった課題が生じていた。

 また、Google検索エンジンやGoogleマップといった店舗ページ以外のチャンネルのユーザーへ、戦略的に情報を拡散できていなかった。

 このような課題を解決するために、JTBは同プラットフォームを導入。業務効率化と店舗が発信する情報の質の向上を図った。また、同プラットフォームで一元管理された各種情報の連携を、店舗ページだけでなく、検索エンジンや地図アプリへと拡張した。

 これにより、JTBの店舗ページにおける全体インプレッション数が約40%増加したほか、コンバージョン率も約1.6倍上昇した。

【関連記事】
トランスコスモス、「Yext」の取扱を開始 オンライン上のブランド情報を一括管理&口コミも収集可能
日比谷花壇がYextのクラウドプラットフォームを導入 Web上に存在する複数の店舗情報を一元管理
キメラ、サイトのUX改善を支援する「Quantum Metric」の国内提供を開始
amadanaとトランスコスモス、合弁会社「GV」を設立 製品企画からECサイトでの販売までを支援
「Sprocket」にデータ連携機能が追加 自社サイト&外部プラットフォームから取り込みが可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング