SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

AIQ、ソーシャルリスニングツール「SOCIAL PROFILING」提供へ 投稿者の属性情報を推測

 AIQ(アイキュー)は、Instagramおよび、Twitter上のUGCを分析し、事象を可視化するとともに、投稿者の年代・性別・生活エリア・趣味趣向などの属性情報を可視化するSOCIAL PROFILING(ソーシャルプロファイリング)の提供を開始する。

 SOCIAL PROFILINGは、通常のソーシャルリスニング(キーワードなどのデータ抽出)に加えて画像解析AIや自然言語処理AIを活用し、画像や文字情報を複合的に解析し、投稿者の年代や性別、生活エリア、趣味趣向などの属性情報を掛け合わせて推測する。

 これにより、画像で商品の特徴を判断するハッシュタグに左右されない抽出や、共起ワードの含有量からネガポジ判定を実施し商品の満足度を測ったり、「事象の対象者」がどのような人であるかを可視化するなどといった多様な調査が実現できる。

UGCの分析による商品の購入者を可視化する活用例イメージ
UGCの分析による商品の購入者を可視化する活用例イメージ

 活用例として、上図のようにUGCの分析によって商品の購入者を可視化することも可能。分析の流れとしては、関連ワードが含まれるすべての投稿を抽出し、画像解析AIで指定商品が映った投稿のみを抽出してから、自然言語処理AIでキャプション、ハッシュタグ、対象アカウントの他の投稿を分析し、実際の利用シーンを基にしたリアルなペルソナを浮き彫りにする。

 その他、期間を指定し特定のハッシュタグを抽出したうえで、キャンペーンや観光スポット、食事などの参加者分析・効果検証に活用したり、特定ハッシュタグから分析用のUGCを抽出してリサーチ企業へ納品することもできる。さらに、入学・卒業・成人・出産などのライフステージにある投稿を抽出し、ターゲットを選出するなどの活用も可能だという。

【関連記事】
イスラエル発のUGC活用ツール、マウスコンピューターが導入 ログイン不要のレビュー取得機能実装
ライスカレー製作所、インスタ「Shop Now」機能とUGCを活用した購買促進サービスの提供開始
アライドアーキテクツの「Letro」、インスタ「Shop Now」と連携 UGC活用の広告で共感狙う
データセクション、ソーシャルリスニングツールにTwitterの競合アカウントを分析する新機能を追加
AI活用で画像を軸にした分析が可能に ブレインパッド、ソーシャルリスニングツールに新機能を追加

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/09/30 16:20 https://markezine.jp/article/detail/32117

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング