MarkeZine(マーケジン)

記事種別

博報堂マーケティングシステムズ、行動経済学を活用したコミュニケーションシナリオ設計サービスを提供

2019/10/18 13:00

 博報堂マーケティングシステムズは、慶應義塾大学 経済学部・大学院経済学研究科 星野崇宏教授を技術顧問に迎え、コミュニケーションシナリオ設計から制作、効果検証までをワンストップで提供する「デジタルナッジ」を開発した。

 「デジタルナッジ」は、行動経済学の知見を活かし、本来ヒトが無意識的にもっている心理や行動の特性を活用して、生活者のデジタル上での行動を設計する。

「デジタルナッジ」と従来型のアプローチとの違い
「デジタルナッジ」と従来型のアプローチとの違い

 データ分析に基づいた仮説立案・コミュニケーション設計のプロセスに、ヒトの心理・行動特性をインプットととして加えることで、仮説の精度を高め、効果を出しやすいコミュニケーションシナリオを導く。

【関連記事】
博報堂DYホールディングス、安心・安全なデータ連携を推進する「Data EX Platform」設立
CCCグループのTマガジン、小学館、博報堂DYメディアパートナーズと資本業務提携
博報堂、新規事業創造支援のためアドライト、インターウォーズ、プロトスター、ミーミルと提携
「楽しさ」で勢いを増すEC、「選びやすさ」で支持されるリアル店舗【博報堂買物研究所調べ】
博報堂DYHDとMESON、MRグラスを用いたARコミュニケーションサービスの実証実験を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5