SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂マーケティングシステムズ、行動経済学を活用したコミュニケーションシナリオ設計サービスを提供

 博報堂マーケティングシステムズは、慶應義塾大学 経済学部・大学院経済学研究科 星野崇宏教授を技術顧問に迎え、コミュニケーションシナリオ設計から制作、効果検証までをワンストップで提供する「デジタルナッジ」を開発した。

 「デジタルナッジ」は、行動経済学の知見を活かし、本来ヒトが無意識的にもっている心理や行動の特性を活用して、生活者のデジタル上での行動を設計する。

「デジタルナッジ」と従来型のアプローチとの違い
「デジタルナッジ」と従来型のアプローチとの違い

 データ分析に基づいた仮説立案・コミュニケーション設計のプロセスに、ヒトの心理・行動特性をインプットととして加えることで、仮説の精度を高め、効果を出しやすいコミュニケーションシナリオを導く。

【関連記事】
博報堂DYホールディングス、安心・安全なデータ連携を推進する「Data EX Platform」設立
CCCグループのTマガジン、小学館、博報堂DYメディアパートナーズと資本業務提携
博報堂、新規事業創造支援のためアドライト、インターウォーズ、プロトスター、ミーミルと提携
「楽しさ」で勢いを増すEC、「選びやすさ」で支持されるリアル店舗【博報堂買物研究所調べ】
博報堂DYHDとMESON、MRグラスを用いたARコミュニケーションサービスの実証実験を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング