SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

LINE、横断的データ活用を通じて最適な広告配信を実現する「クロスターゲティング」を提供

 LINEは法人向けサービスにおいて、サービスを通じて取得したデータを広告配信へ横断的に活用することができる機能「クロスターゲティング」の提供を開始した。

 同社は現在、データの相互利用による広告配信の最適化・効果最大化を追求することで、LINEユーザー約8,200万人(2019年9月時点)のLTVを最大化する「クロスプラットフォーム」の構築を進めている。

 今回提供された「クロスターゲティング」は、LINE公式アカウント、LINE Ads Platform、LINE Sales Promotionそれぞれのメッセージ・広告配信やキャンペーンで取得したデータを、各サービスを横断して広告配信に活用することができる機能。第1フェーズとして、LINEポイントADおよびLINE公式アカウントで取得したデータを連携し、LINE Ads Platformでの配信に利用できるようにする。

 これにより、たとえばLINE公式アカウントからのメッセージを開封したユーザーや、メッセージ内のリンクをクリックしたユーザー、LINEポイントADを通じて友だち追加やアプリインストールなどを行ったユーザーなどのデータを基に、LINE Ads Platformからのリターゲティング配信や除外配信、ユーザーに類似した属性を持つユーザーへの拡張配信などを実施できる。ユーザーのアクションを基に施策を実行することで、高い効果が見込まれる。

 なおLINEポイントADのデータ連携は既に開始しており、LINE公式アカウントのデータ連携は2020年1月中の提供を予定している。

【関連記事】
2019年Webサイト訪問数トップはGoogle アプリユーザー数ではLINEに【ヴァリューズ調査】
LINEとエビソル、AIを利用した音声自動応答サービス「LINE AiCall」の実証実験を開始
LINE、デジタル販促のコア機能をオープン化しAPIとして提供開始 パートナー制度も新設
LINE、運用型広告においてセルフサーブ機能を提供開始 中小企業・店舗の広告運用サポートを強化
「日本ユーザーの利便性に特化/集中投資はAIに」ヤフー・LINEが経営統合【会見速報】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/12/16 16:00 https://markezine.jp/article/detail/32607

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング