SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

オトナルと文化放送、ポッドキャスト番組でのデジタル音声広告の販売を開始 予算に合わせた配信が可能

 オトナルと文化放送は、1月31日より、ポッドキャスト番組でのプログラマティックなデジタル音声広告の販売を開始する。

 これにより広告主は、オトナル経由で文化放送がポッドキャストに配信している各ポッドキャスト番組の広告枠をデジタル音声広告として購入ができるようになる。

 この販売では、音声コンテンツ内の広告枠に対して、オトナルの広告システム経由で買い付けを行うことで、予算上限に合わせ音声広告を自動的に配信することができる。そのため買い手である広告主は、希望の予算やタイミングに合わせた広告枠購入が可能となる。

 ポッドキャスト番組の配信先としては、iPhone標準搭載の「Apple Podcasts」、Androidで使用可能な「Googleポッドキャスト」のほか、ポッドキャストを聴取できる「Spotify」、「Castbox」をはじめとした各種ポッドキャストアプリ、文化放送のウェブサイトなど複数の音声聴取チャネルで聴取が可能だ。

 また、ポッドキャスト番組がスマートスピーカー「Google Home」で再生された場合にも広告が挿入される。

 同広告プランでは、ポッドキャストへの広告挿入を広告システム経由で音声コンテンツの再生数(ダウンロード数)に応じた広告出稿を行うことができる。そのため広告の買い手である広告主側は、自社の予算や希望のタイミングに合わせた柔軟な広告出稿が可能になる。

 また広告の配信にあたっては、配信日時や曜日といった日時ターゲティング、国や県などといった位置情報によるエリアターゲティング、特定のデバイスだけに配信するデバイスターゲティングなど、デジタル音声広告ならではの配信条件による広告出稿が可能。これにより広告主は、商材や広告キャンペーンに合わせ、最適な音声広告の出稿を行うことができる。

 なお販売を開始するデジタル音声広告枠は、文化放送がポッドキャスト用に再編集して配信を行っている「大竹まこと ゴールデンラジオ!」、「武田鉄矢 今朝の三枚おろし」、「髭男爵 ルネッサンスラジオ」の3つのポッドキャスト番組のもの。広告配信可能なポッドキャスト番組は今後さらに増加予定だ。

【関連記事】
オトナルとニッポン放送、ポッドキャスト番組でのプログラマティック音声広告の販売を開始
オトナル、音声広告を聴いたユーザーをリタゲで追跡することが可能な新ソリューションを提供
オトナル、Spotify向け音声広告の制作&配信サービスを開始
ジオロジック、位置情報を使った音声広告をSpotifyで配信可能に
ロボットスタート、メディアの音声化サービスを開始 音声広告によるマネタイズも支援

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/01/31 16:15 https://markezine.jp/article/detail/32844

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング