SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

気になるサービスを5分で理解!ネット&モバイルビジネスウォッチ

進化するレコメンドシステム、WSJ(Wall Street Journal)が導入

ネットを利用して買い物をするヘビーユーザーにはなじみ深い「レコメンド機能」。Amazonの「この商品を買った人はこんな商品も買っています」の機能と言えばわかりやすいだろうか。今回は、このレコメンドシステムについて、海外の流れを見つつASP提供各社を比較してみたいと思う。【この連載のバックナンバーは こちらから!】

 Amazonの「レコメンド(おすすめ商品)機能」をご存知の方は多いだろう。ユーザーの行動履歴を分析し、属性にマッチした商品情報を表示してくれる便利な機能だ。この、“ユーザーの行動履歴を分析する”ことが、ECの世界でも広告の世界でも大きな潮流となりつつある。 

ECにおいては先述の通りだが、広告の分野では行動ターゲティング(Behavioral Targeting)といった形で「広告をレコメンドするため」に数々の分析手法がとられている。 さて、話は戻りこのレコメンドシステムだが、ECでの活用が主なものと捉えがちだが、米国においてはコンテンツメディアの分野にまで、その影響が及びつつあることはあまり知られていないのではないだろうか。

 導入時期は不明だが、Wall Street Journal(以下「WSJ」)紙のオンラインコンテンツ版で上記のような機能が実装された。上記キャプチャ画像は、ある記事の右サイドに表示されたボックスであるが、「この記事を読んだ人はこんな記事も…」と記載がある。 つまり、エントリーされた記事単位でユーザー行動履歴が分析され、おすすめ記事が表示されているというわけだ。 これまで、“おすすめされるもの”といえば、商品がそのほとんどだったわけだが、テキストコンテンツにおいてもレコメンドがはじまったのである。ちなみに、WSJが導入しているレコメンドサービスはloomiaという企業がシステムを提供しているようだ。

 さて、日本を見てみるとどうだろうか?現在のところレコメンドシステムと言うと、その殆どはECにおける物販活用に利用されており、コンテンツメディアへの導入はまだまだ先といったところである。 ちなみに、日本のレコメンドシステムを提供するASP各社を一覧にしてみたので、導入を検討しているWEB担当者の方は参考にしてみてはいかがだろうか。

製品名
初期費用
ライセンス費用
月額(保守)費用
導入企業
チームラボレコメンデーション
150万円~
30万円/月
10万円
・@電子チケットぴあ
ログレコメンダー
20万円~
--
10万円
・ヤマダ電機WEB.COM
パーソナライズド・レコメンダー
20万円~
--
15万円~
・ユニクロ
・バンダイネットワークス
レコナイズ
20万円
--
10~30万円
・HIS

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
気になるサービスを5分で理解!ネット&モバイルビジネスウォッチ連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

池永 尚史(イケナガ ヒサシ)

 1979年生まれ。CGMブログ・メディアを展開するベンチャー企業、インターネットサービス系企業を経て独立。2010年3月より株式会社ノイズ代表取締役。 ■ 著書・ 稼ぐアフィリエイターはブログが違う!(技術評論社刊)・  ドロップシッピングスタートブック(技術評論社刊)■ 連...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング