SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

SHIFT、CX改善の最短ルートを提案するマーケティング支援サービス「CXデザイン」を提供開始

 ソフトウェアの品質保証・テストを手掛けるSHIFTは、顧客体験(CX)向上に寄与するマーケティング支援サービス「CXデザイン」の提供を開始した。

 同サービスは、同社が蓄積してきたソフトウェアテスト結果の中から、開発において十分考慮されず改修の対象として「見逃された」項目と、「おもしろい」「楽しい」などのユーザーの声から得られた項目を「品質向上データ」としてデータベース化し、企業のCX向上を支援するものだ。

SHIFTが過去開発プロジェクトにおいて検出した項目の分析
SHIFTが過去開発プロジェクトにおいて検出した項目の分析
改修の対象として「見逃された」項目から得られるデータの一例
改修の対象として「見逃された」項目から得られるデータの一例

 これにより企業は、データの収集・分析にかかるコストや労力を最小限に抑え、CX改善に関する体系的かつ最適な対策を講じることができるようになる。

 同社は今後、ECサイトやアプリケーション、スマホゲームなどのWebサービスにおけるCX改善支援を軸に、将来的にはより広範囲なマーケティング支援の実施を目指していく。

【関連記事】
KARTE、Amazon Connectと連携 CXを高める次世代クラウドコンタクトセンターを実現
約4割が2020年の広告予算を増加予定/CX、DX推進などに注力【コムエクスポジアム・ジャパン調査】
大阪ガス、フラーのアプリ分析プラットフォーム「App Ape」導入 アプリ改善やCX向上に活用
クアルトリクスのCXソリューションをWeb会議システムのベルフェイスが採用
プレイド、Googleからの資金調達を発表 CX向上のため機械学習やAI技術の統合において協業

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/03/12 17:00 https://markezine.jp/article/detail/33012

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング