SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

IRサイト総合ランキング、トップ3は「東芝・KDDI・NTTドコモ」、「エーザイ」が48位からトップ10に

 今回は、国内全上場企業3,934社を対象として、IR情報だけでなく会社情報が掲載されたページも評価対象としている。評価は「ウェブサイトの使いやすさ」「企業財務・決算情報の充実度」「経営組織・戦略情報の充実度」「きめこまかな情報開示」の4つのカテゴリにもとづいて行われている。今回の「総合ランキング」のトップ10は以下のとおり(カッコ内は前回順位)。

 1位 東芝 (2位)
 2位 KDDI (3位)
 3位 エヌ・ティ・ティ・ドコモ (1位)
 4位 三菱UFJフィナンシャル・グループ (5位)
 5位 カプコン (4位 )
 6位 松下電器産業 (15位)
 7位 東京瓦斯 (8位)
 8位 ファーストリテイリング (6位)
 9位 TDK (9位)
 10位 エーザイ (48位)
 10位 アサヒビール (16位)
 10位 オムロン (11位)

 このランキングは、総合ランキングのほかに、業種別、市場別のランキングも公開。市場別は「東証1部」、「東証2部」、「ジャスダック」、「マザーズ」、「ヘラクレス」の5つに分かれ、 「東証1部」部門トップ3は、総合ランキングのトップ3と同じ顔ぶれ。

 「東証2部」部門では、1位「トーセイ」、2位「 富士物流」、3位「カテナ」。「ジャスダック」部門では、 1位「インテリジェンス」、2位「ジュピターテレコム」、3位「共信テクノソニック」、「マザース」部門では、1位「サイバーエージェント」、2位「イントランス」、3位「サイバー・コミュニケーションズ」、「ヘラクレス」部門では、1位「アイレップ」、2位「メディカルシステムネットワーク」、3位「トレイダーズホールディングス」となっている。

【関連リンク】
企業サイトランキング「繊維業界編」、総合評価1位は旭化成、SEO評価トップはユニチカ
事故対応で評価できる企業トップは松下電器、女性は男性よりも評価厳しい傾向
トヨタ、「企業サイト」の概念を大きく変える「etoyota.net」オープン
「Webサイト価値ランキング 2007」発表、1位トヨタのサイト価値は1,386億円

「Gomez IRサイト総合ランキング 2008」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/04/15 17:05 https://markezine.jp/article/detail/3324

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング