SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第97号(2024年1月号)
特集「2024年の消費者インサイト」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

YouTube、米国動画サイト来訪者の7割を獲得

 米調査会社Hitwiseは、2008年3月の米国の68の動画サイトの来訪者のうち、YouTubeサイトの来訪者は73.18%に達していると発表した。

米動画サイト 来訪者シェアのトップ5(カッコ内の数字は前年同月比) 
 1位 YouTube 73.18%(+32%)
 2位 MySpaceTV 9.21%(-48%)
 3位 Google Video 4.06%(-52%)
 4位 Yahoo! Video 2.16%(-18%)
 5位 Break.com 1.82%(16%)

 圧倒的なシェアを獲得しているYouTubeはGoogleの子会社。2位のMySpaceTVは人気SNSの動画サービス。3位と4位も、それぞれ検索エンジンやポータルサイトが提供する動画サイトだ。

 Hitwiseは、「オンラインビデオが主流となってから、若いSNS利用者からのトラフィックは減少しており、検索へとシフトしている。検索エンジンが提供している複数カテゴリの検索結果を提供する「ユニバーサルサーチ」などの検索結果によってオンラインビデオの露出は上昇しており、検索エンジンの影響力は増している」と分析している。

 しかし、2008年3月の全米のネット来訪者数に占める動画サイトの割合は1.09%で、前年同月と比べると7%も減少している。しかし、来訪者は減少しているものの利用時間は増加傾向にあるという。

【関連リンク】
YouTube、複数の動画をまとめて投稿できる「マルチ動画アップローダ」をリリース
ニコニコ動画、携帯での横画面再生に対応
写真共有サイト「Flickr」の動画サービス開始に2万人を超えるユーザーが反対、その理由とは?
女子動画に癒される人続出、転職応援サイト「100チアガール」オープン1か月で50万回視聴達成
手軽に動画コンテンツを生成できる「なにわともあれジェネレーター」が公開

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/04/15 18:16 https://markezine.jp/article/detail/3329

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング