SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通サイエンスジャム、フルリモートで脳波計測ベースの感性評価実験ができるサービスを開始

 電通サイエンスジャムは、自宅に脳波計測器を配布した在宅型大規模ニューロリサーチパネルを活用する、フルリモートの感性評価サービスの提供を開始した。

 同社では昨年、在宅型大規模ニューロリサーチサービス「Brain Behavior Insight」をリリース。首都圏に暮らす128世帯の同意を得た生活者の家庭にクラウド連携させた脳波計測器を配布し、在宅型大規模ニューロリサーチパネルを構築している。同サービスでは、脳波を活用した感性把握技術を利用することで、アンケートだけでは読み取れない感情の変化を可視化。より深いインサイト調査が実現している。

 今回新たに開始したサービスは、これまで主に対面をベースとして行なっていた会場型調査の対象者のリクルーティング、会場への集合、脳波計測器の装着、実験の実施、そして、実験の立ち会いなどすべてを省略し、脳波計測をフルリモートで実施可能にしたものだ。

 これにより企業は、調査における密な状態を回避し、物理的ストレスを最小限に抑えることができるほか、自宅で計測することで日常に近い反応を測定することが可能に。また、移動をともなわないため「午前中」や「食後」等のシーンで測定ができ、よりクライアントのニーズに沿った調査設計が可能になる。

【関連記事】
脳活動を可視化し消費者インサイトを分析 凸版印刷が消費財メーカー向けの新調査メニューを提供開始
脳波測定で感情の変化を可視化 電通サイエンスジャム、感性把握システム「VA Analyzer」を開発
アサヒビール「アサヒもぎたて」パッケージ開発に脳波測定・アイトラッキングを活用
ポップインサイト、VRを使って臨場感あふれるユーザテストを実施する「VRリサーチ」を提供開始
ヤフーと三越伊勢丹、ビッグデータとAIを活用した商品開発を実施 検索キーワード等からインサイトを把握

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング