SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ソフトウェア開発者向けメディア「CodeZine」が15周年を迎えリニューアル イベントとの連携強化

 翔泳社が運営するソフトウェア開発者向け専門メディア「CodeZine(コードジン)」は、6月1日に開設15周年を迎え、コンセプトのアップデート、サブメディア「ProductZine(プロダクトジン)」の開設、ロゴデザインの刷新といったリニューアルを行った。あわせてCodeZineの新編集長として近藤佑子が就任した。

 CodeZineは、ソフトウェア開発者向けのWebメディアとして2005年6月にオープン。今回の15周年のタイミングで、コンセプトを「デベロッパーの成長と課題解決に貢献するメディア」へとアップデートし、読者自身のスキルアップと、現場での課題解決の両方に対して貢献できるような情報を届けるメディアとして、新たにスタートする。

 また、同じく翔泳社が運営するソフトウェア開発者向けカンファレンス「Developers Summit」「Developers Boost」の関連情報やセッションレポートをまとめた新コーナー「Developers Online」をCodeZine内に開設し、Webとイベントの連携を強化していく。さらにプロダクト開発に関わるすべての人に向けたCodeZine内のサブメディア「ProductZine」も本オープンとなる。

 15周年にあわせ、「CodeZine」や「Developers Summit」など翔泳社がソフトウェア開発者向けに提供するプロダクト群について、ロゴの制作・リニューアルを行った。

 あわせてCodeZineの新編集長として近藤佑子が就任した。新編集長からのコメントは以下の通り。

 「CodeZineは、トレンドや自分の現在地を知ることで、自身の成長と、現場の課題解決につながるコンテンツを提供したいということで、新しいコンセプトとして『デベロッパーの成長と課題解決に貢献するメディア』を掲げました。さらに、読者はもちろん、記事の著者、カンファレンスの登壇者など発信者も含めて、インプット/アウトプット双方の学びを最大化するメディアを目指します。

 Developers Summitを始めとした、翔泳社がソフトウェア開発者向けに提供するプロダクト群とともに、ソフトウェア開発者の成長と課題解決に貢献するために、CodeZineは最もデベロッパーフレンドリーなメディアとなれるよう、奔走してまいります」

 なお前編集長の斉木崇は、6月1日よりメディア1編集統括 兼 EdTechZine/ProductZine編集長へ就任した。

【関連記事】
ネットがテレビの広告費を超えた今、改めてテレビの可能性を探る/定期誌『MarkeZine』第53号
定期誌『MarkeZine』 、Kindleにて 「無料お試し特別版」 を配布中!
企業で働くクリエイター向けウェブマガジン「CreatorZine」がプレオープン!
営業×テクノロジーをテーマにした「SalesZine」がプレオープン!
新型コロナで売上減少も「新たなビジネスチャンスが生まれた」30%【マーケター600名調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング