SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

イー・ガーディアン、「SNSリスク投稿対策サービス」提供 SNS上のパトロールや証拠収集等を実施

 イー・ガーディアンは、企業と企業に所属する個人を対象にSNSの投稿内容をチェックし、名誉棄損や誹謗中傷にあたる投稿を発見、必要に応じて弁護士事務所とも連携を行う「SNSリスク投稿対策サービス」の提供を開始した。

 昨今、SNSを中心としたネット上の名誉棄損や、誹謗中傷を意図した匿名の書き込みが増加。総務省の「違法・有害情報相談センター」によると、2019年度の相談件数は5,198件と、2010年度の4倍に膨らんでいる。

 同サービスはこの状況を受け、対象の名称などで関連するSNSの投稿を収集し、内容をチェック。名誉棄損や誹謗中傷になりそうな投稿をURLや画像などで保存する。また、依頼企業が情報開示請求などを求める場合は、必要に応じて弁護士事務所に連携を行う。 

【関連記事】
トレンダーズ、インフルエンサーネットワークを活用したECサイト事業者向けSNS広告プランの提供へ
特定の番組・テレビCMの視聴ユーザーにSNSを通じビデオリリースを配信 NewsTVが新たに開始
コロナ禍で注力した活動は「SNS活用・広告」が6割 ファンや既存顧客に向けた投資が顕著に/AMN調査
フルリモートでのSNS運用支援を実現 フルスピードが「∞(つなぐ)ソーシャル」をリリース
チャットブック、SNS営業自動化「ChatBook」にオートメーション機能「Autoflow」追加

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/06/10 17:45 https://markezine.jp/article/detail/33594

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング