MarkeZine(マーケジン)

記事種別

DACのDMP「AudienceOne」、ポストCookie時代に対応するデータ活用機能を強化

2020/06/25 13:50

 デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)は、同社が提供するDMP「AudienceOne」において、オーディエンスデータのセグメンテーション機能とターゲティング機能を強化。また、同社の子会社であるプラットフォーム・ワンが提供するDSP「MarketOne」においてもターゲティング機能を強化した。

 昨今、生活者へのプライバシー保護に対する配慮が企業の課題になっている。欧州における一般データ保護規則(GDPR)や米国カリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)に続き、日本においても2020年6月5日に改正個人情報保護法が成立し、個人情報やCookieを扱う際の倫理性や適切性が強く求められている。

 今回AudienceOneでは、ポストCookie対応の第一弾として、ユーザーのネットアクセス情報を独自に分析したセグメントを充実させ、ターゲティングの精度向上を図る。具体的には、新型コロナウイルス感染症対策のために広がりをみせている在宅勤務ユーザーを推定する「リモートワーカーセグメント」や、在宅の時間帯傾向によるセグメント、単身世帯や子供がいない夫婦、またファミリー世帯などを推定する「世帯属性セグメント」などを可能にする。また、ランドスケイプとの提携により得られた企業属性データを活用した新しいセグメントの拡充も行う。

 MarketOneにおいては、AudienceOneや、広告主・広告会社によって指定される条件の広告枠にのみ、広告の入札や掲載を可能とするターゲティング機能を実装。これにより、3rdパーティCookieやデバイスIDを中心としたセグメントによる従来のターゲティング配信に加え、ネットアクセス情報に基づいたリアルタイムに近いターゲティング配信が可能になる。

【関連記事】
博報堂DYデジタルとデジタル・アドバタイジング・コンソーシアムが統合
DAC、DMP「AudienceOne」が保有するオーディエンスデータを企業データベースに提供へ
デジタル広告によるリアル店舗での購買効果を測定!博報堂DYグループら3社、新ツールをリリース
TABI LABO、DAC及びDNAPと資本業務提携 ファネル型コミュニケーションの実現へ
DAC、渋谷区の子育て支援サービスをサポート~LINE通じ子供の年齢に合わせた行政サービスを情報発信

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5