MarkeZine(マーケジン)

記事種別

クロスロケーションズ、全国9業種の店舗周辺と主要都市の人流変化が一目でわかる「全国人流グラフ」を一新

2020/08/03 14:25

 クロスロケーションズは、日本全国の主要業種・業態別の店舗周辺と、主要都市の人流変化を同社のWebサイト上で確認可能な「全国業種・業態&主要都市人流グラフ」を全面リニューアル。公開を開始した。

業界別人流グラフ(タップで拡大)
業界別人流グラフ(タップで拡大)

 全国業種・業態&主要都市人流グラフは、同社が開発する位置情報ビッグデータ活用プラットフォーム「Location AI Platform」の機能で、任意の地点・エリアの人流変化をモニタリングし視覚化する「Visit Analysis(訪問推計速報)」を用いたもの。

 今回のリニューアルでは、主要9業種(コンビニ、スーパー、ホームセンター、ファミレス、ドラッグストア、家電量販店、テーマパーク、百貨店、ファストフード)に加え、政令指定都市などを中心に60ヵ所に拡大。それぞれの人流変化を前日比・昨年比(%)で表示している。また、各業種、各都市のボタンをクリックすると、直近1ヵ月の推移と昨年同月の推移を確認できる。データおよびグラフは毎日更新され、前日24時までのデータが翌日13時頃に反映。準リアルタイムで変化を可視化する。

 さらに都市別の人流グラフにおいては、全国の主要60都市の人流変化を一度に確認可能に。コロナウイルス感染拡大の影響により起きている都市別の人出の変化を比較したり、大都市圏と地方中核都市の違いなども判別できる。

全国都市別人流グラフ(タップで拡大)
全国都市別人流グラフ(タップで拡大)

 今後、天気情報などの位置情報以外のデータも追加される予定だ。

【関連記事】
クロスロケーションズの「LAP」、位置情報の解析結果を基にしたSNS広告の配信が可能に
スーパーや百貨店への来訪者数、緊急事態宣⾔解除前と比べ10~40%増加【クロスロケーションズ調査】
位置情報ビッグデータ活用で店舗の売上増 クロスロケーションズが同志社大学と実証実験、コロナ禍の支援へ
匿名位置情報を活用したアンケートが可能に クロスロケーションズ、ディーアンドエムと調査サービスを開始
消費者の来店傾向に基づいたCRMや施策が可能に クロスロケーションズが「CRMデータ連携」を提供開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5