SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通デジタルとトレジャーデータ、プライバシーマネジメントのサービスを共同で開始

 電通デジタルとトレジャーデータは、企業のプライバシーマネジメントに関するサービスを共同で提供開始した。

 電通デジタルは、CMP導入を通じてユーザーへの個人情報データ収集等の同意取得を行い、データ利活用を推進してきた。一方、トレジャーデータでは、欧米企業向けのGDPR対応を通じたプライバシー保護への実績を有している。

 今回開始するサービスでは、両社のノウハウを掛け合わせ、ウェブサイトの閲覧履歴を記録する「Cookie」だけでなくアプリや個人情報関連など、様々な場面におけるユーザーへの個人情報データの同意取得を行うほか、同意取得後のデータ利用停止請求権等への対応も含めた適正なプライバシーデータ保護を徹底し、積極的なDXを推進する。

プライバシーマネジメントのサービスにおける両社の役割
プライバシーマネジメントのサービスにおける両社の役割

 具体的には、多種多様のデータ統合連携が可能なカスタマーデータプラットフォーム「Arm Treasure Data CDP」を活用しデータ活用戦略設計から同意済みデータの施策連携をワンストップで行い、より適した顧客体験を創出する。

 Arm Treasure Data CDPでは、同意取得後に起こりうるユーザーからのデータ利用停止請求等への対応も行い、プライバシーデータの一元管理が可能に。さらにはそのデータを活用し、CRM等の各種プラットフォーム施策、広告配信、分析レポーティングなど様々な顧客体験価値を生み出し、企業のDX推進を一気通貫でサポートする。

プライバシーマネジメントのサービス概要
プライバシーマネジメントのサービス概要

 これにより、クライアント企業は、プライバシーデータ管理運用への作業を負担することなく徹底したプライバシー保護のもとでマーケティング活動に注力し、事業成果を最大化することができる。

【関連記事】
オプトとGRCSが協業開始 個人情報データの管理およびプライバシー保護の体制構築の支援へ
CCI、データ利活用のリスク回避を目的に「データプライバシー対策コンサルティング」を開始
朝日広告社、個人情報保護法改正に対応したデータプライバシー・コンサルティングを提供
電通テックとMDIが協業 プライバシー保護に対応したプロモーションサービス提供
トレジャーデータとTMIプライバシー&セキュリティコンサルティング、データマーケ支援を共同提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/08/26 17:00 https://markezine.jp/article/detail/34167

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング